事業紹介事業紹介

事業紹介

TOP > 事業紹介 > 開催予定 > ボスニア・ヘルツェゴビナと日本の子どもたちのスポーツによる国際交流

ボスニア・ヘルツェゴビナと日本の子どもたちのスポーツによる国際交流

事業紹介

  • ボスニア・ヘルツェゴビナと日本の子どもたちのスポーツによる国際交流 写真紹介:大阪で交流する日本とボスニアの子どもたち
    写真提供:Little Bridge
  • 国際文化交流、国際親善に寄与する活動 日本の子どもがボスニア・ヘルツェゴビナを訪問し、スポーツアカデミー「mali most」を中心とした現地の子どもたちとスポーツ交流を行います。mali mostは元サッカー日本代表 宮本恒靖や外務省、JICA等、主に日本からの支援によってボスニアの民族融和を目的に設立されたアカデミーです。また、日本の子どもがボスニアの文化や歴史に触れ、多文化共生や平和の意義について考える機会を提供します。
開催期間 2018年07月25日~2018年08月02日
開催地 ボスニア・ヘルツエゴビナ サラエヴォ市とモスタル市
アクセス
助成決定金額 2,400,000
連絡先 info@little-bridge.net
ホームページ https://little-bridge.net

「いつもと違った世界で、繋がっていく体験を」ボスニア・ヘルツェゴビナでは異なる宗教・文化を持つ人々が共存して暮らしています。今回のツアーでは子どもたちにその多様性に触れ、異国の人と繋がっていく場を提供します。子どもたちは言語の壁に苦労すると予想されますが、その中でもスポーツを一緒に楽しむ仲間として相手を理解しようと努めることでお互いの共通点が見出され、理解と寛容の精神を育むことにつながります。

特定非営利活動法人Little Bridge

ホームページ

日本の子どもたち15名がボスニア・ヘルツェゴビナを訪問し、現地モスタル市のスポーツアカデミー「マリモスト」とのサッカーの試合のマッチメイクやボスニア・ヘルツェゴビナの文化、1990年代に起きた民族紛争の歴史に触れる機会を提供する。

pagetop