JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

関西・大阪21世紀協会は「文化力向上」「関西・大阪のイメージ向上」「水都大阪まち育て」の三本を軸に「関西・大阪の文化力向上」を目指します

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | 基金事業TOP | 募集案内 | 平成30年度事業募集
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
平成30年度助成事業の募集タイトル画像

助成事業の内容タイトル画像

 平成30年度の助成については、国際相互理解の促進に資する活動のうち「国際文化交流、国際親善に寄与する活動」と「教育、学術に関する国際的な活動」について、助成金額1000万円を上限とする重点助成事業と300万円を上限とする一般助成事業を募集します。

助成の対象となる事業

万博の成功を記念するにふさわしく、「日本万国博開催の意図」の趣旨にかなった次の活動を対象としています。


  国際相互理解の促進に資する活動のうち
    ① 国際文化交流、国際親善に寄与する活動
    ② 教育、学術に関する国際的な活動


※「日本万国博開催の意図」抜粋

「…日本万国博が目指したものは、世界に様々な文明が多元的に共存することを、理解と寛容の精神によって認め、それらの多様性の調和の中にこそ進歩が望まれなければならないという「調和的発展」の精神であった。これは東洋思想の「和の心」を現代世界に呼び戻して東西を結ぶ新しい理念として発展させようとするものであった…」

「日本万国博開催の意図」の全文は、こちらをご覧ください。


※昨年まで助成の対象となっていた国内で行われる文化的活動は、ホームページやチラシ等で外国語の告知が行われていることや一定の外国人の参加が見込まれるといった国際性を伴う内容を盛り込むことで、①国際文化交流、国際親善に寄与する活動として申請できます。
申請書で国際性が確認できない場合は、助成の対象外となります。また、事業完了後に国際性が確認できなかった場合、助成金は支払われません。
学術関連の国際会議については、教育的または文化的な要素が含まれる活動を対象とします。申請書の事業概要欄には、教育的または文化的な要素について記載してください。

 教育的な要素
   1.次世代育成として、学生や若手研究者に対する
     ・参加費や旅費の補助、支給
     ・研究発表の場の提供
     ・最先端研究者との交流の場の提供
     ・アワード等研究奨励の場の提供    等
   2.社会への発信(市民公開講座、講演会、シンポジウム等の開催)

 文化的な要素
   1.文化系の研究
   2.文理融合の研究(芸能、芸術を用いた医療研究 等)
   3.研究成果の応用による、芸術、文化の発展への寄与

今回より、施設の建設及び整備と備品購入は助成対象外とします。

平成30年度の助成予定総額

9200万円

助成金の申請

助成金の申請は、助成対象事業費の合計に対し3/4以内の額を上限として、次の事業を募集します。
必要な金額を10万円単位で申請してください。


1.重点助成事業

助成金額は、1,000万円を上限として、数件程度採択を予定しています。

該当なしの場合もあります。


2.一般助成事業

助成金額は、300万円を上限として、数十件程度採択を予定しています。


助成の対象となる事業者

事業を遂行するに足る能力を有する、国及び地方公共団体を除く公益的な事業を実施する団体とします。

法人格の有無は問いませんが、個人及び営利法人の申請は対象外です。

※営利法人であっても、事業のため実行委員会などを組織されて申請される場合は対象となります。

※国及び地方公共団体が実質的に実施をしているとみなされる事業は、原則として助成の対象から外れる場合があります。

国内事業者と国外事業者の区分

事業者の所在地によって次のとおり区分しており、募集要項が若干異なります。

  1. 国内事業者・・・日本国内に所在する団体
  2. 国外事業者・・・国外に所在する団体

※国外事業者の募集要項については、こちら日本語 英語をご覧下さい。

万博表示等

次の①~③のうち、少なくともいずれかに、当協会から助成金を得た表示(以下「万博表示」という。)を行わなければなりません。

正当な理由なく万博表示が行われなかった場合は、助成金が減額または支払われない場合があります。

  1. ① 助成事業のために作成した広報物(ポスター、プログラム、チラシ等)や成果物(報告書、図書、映像フィルム、DVD、CD-ROM等)
  2. ② ホームページ
  3. ③ 助成事業の案内表示(看板等)

上記①~③の表示を行った成果物については、当協会に提出していただきます。ただし、提出が不可能な場合は、内容を確認できる写真等を提出していただきます。

〔表示例〕
日本万国博覧会記念基金表示例

国際性を伴う広報活動

今回の助成の対象は、国際相互理解の促進に資する活動となりますので、ホームページやチラシ等で外国語の告知を行われていることが助成の条件となります。この条件を満たしていない場合は、助成の対象外となります。また、事業完了後に国際性が確認できなかった場合、助成金は支払われません。

申請事業の審査

申請された事業は、外部委員により構成された「日本万国博覧会記念基金事業審査会」で次の評価項目に基づき審査を行います。

① 事業の理念、目的

申請事業の理念、目的が明確であるか。

② 万博理念との適合性

「日本万国博開催の意図」の趣旨に適っているか

(理解と寛容の精神、多様性、調和的発展の精神を普及・促進させる事業であるか)

例・日本文化を広く発信する事業 等

③ 万博基金助成の必要性

予算書の収支や助成金の使途等、助成金が必要かどうか

国及び地方公共団体からの公的資金との関与が少ない事業であるか

④ 事業実施計画の具体性・確実性

実施計画が具体的であるか

事業者は確実に実施する能力があるか

重点助成事業で複数年計画(3年以内)の事業については、次年度以降、事業完了までの計画が具体的であるか

※平成29年度に採択された事業者については、連続申請は可能です。ただし、幅広く助成を行うため、審査において同評価の場合は 平成29年度に採択されていない事業者を優先して採択をします。

※不採択となる事例(抜粋)

・国際性を伴わない事業

・教育的または文化的な要素が含まれない国際会議

・助成金申請額が総事業費の5%以下の事業

・予算書がない等、予算状況が不明な事業。

・助成金が無くても収支の均衡が取れている事業(採択されると利益が出る事業)

・参加費や入場料が収入に計上されておらず、実際には利益が出ると判断される事業

・実施期間が助成対象期間外の事業

・施設整備、備品購入後に対象物を第三者に譲渡するとみられる事業

助成の対象となる事業費等

1.対象となる費用の範囲は、次の各号に該当する事業に直接必要な経費とします。

  1. ①平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間に発生する費用
  2. ②助成事業者と異なる者への支払又は給付をする費用

2.次の各号に該当する経費は対象外とします。

  1. ①助成事業者の経常的な運営経費
  2. ②事務局の人件費
  3. ③助成事業者の出演料、謝金
  4. ④飲食、観光、アトラクション費、交通費特別料金(航空運賃のファーストクラス及びビジネスクラス・新幹線グリーン車)
  5. ⑤参加者等の同伴者の経費(ただし、身体障害者等の同伴者の費用は対象事業費とすることができます。)
  6. ⑥事業者の構成団体への支払い(共催事業者、実行委員会の構成団体等)

3.事業によっては、交付決定時に対象事業費の費目を指定する場合があります。

助成の対象となる事業の実施期間

平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

申請件数の制限

1申請事業者につき1件(1事業)に限ります。

助成金の申請手続き等 ロゴ画像
募集要項及び申請書

当ホームページで次の「募集要項」「申請用紙」「収支予算表」ファイルをダウンロードして書類を作成して下さい。
今回から申請書様式を変更しています。申請される方は必ず下の申請書類をダウンロードしてください。
※日本以外の国に所在する団体は、国外事業者用のホームページ日本語 英語からダウンロードして下さい。

項目 ダウンロードファイル
平成30年度募集要項 (PDF 1238KB)
重点助成事業申請用紙 (WORD 113KB)
(PDF 297KB)
  収支予算表 (EXECL 42KB)
(PDF 45KB)
  記入要項 (PDF 308KB)
一般助成事業申請用紙 (WORD 104KB)
(PDF 269KB)
  収支予算表 (EXECL 42KB)
(PDF 45KB)
  記入要項 (PDF 291KB)










申請書受付期間

平成29年9月1日(金)~平成29年10月2日(月)(当日消印有効)

※ 受付期間経過後は理由の如何を問わず、受理しませんので、ご了承ください。

提出及び照会先

〒530-6691
大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル29階
公益財団法人 関西・大阪21世紀協会
万博記念基金事業部

提出方法
書留郵便で提出して下さい。
なお、宅配便等の発送日が確認できる方法でも結構です。
ただし、当協会では、受領書の発行を行っておりませんので、持参方法による提出はご遠慮願います。

採否の通知

採否等の結果につきましては、申請者に文書で通知します。(平成30年3月頃)

助成金の支払い時期

助成金は、事業が終了し、かつ事業費の支払いを全て完了した後に完了実績報告書を提出していただき、当該報告書を審査し助成額を確定した上で交付します。ただし、当協会が必要と認める場合は、助成金交付決定額の1/2以内の前払を受けることができます。
 

募集説明会のご案内 ロゴ画像

募集に係る説明会を開催します。
詳しくは、こちらをご覧ください。
 

お願い ロゴ画像

申請に当たっては、本ページに掲載している募集要項を必ずお読みください。

また、「規程」ページに掲載している「助成金交付規程」や「採択基準」も参照してください。

作成された申請書類は、FAXなどによる事前確認を行っていませんので、あらかじめご了承願います。