JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
こんなに知らなかった!なにわ大坂をつくった100人

第26話 物部守屋もののべのもりや(生年不詳-用明天皇2年(587)7月)

祖先は天から降りて来た

物部氏は飛鳥時代の大連(おおむらじ:大豪族)で、天皇家を除いて「天孫降臨」「国見」の逸話をもつ唯一の氏族である。神武天皇よりも前に天磐船(あめのいわふね:神が天から降りる際の乗り物)により大和入りをした鐃速日命(にぎはやひのみこと)を祖先とする。鐃速日命は登美夜須毘売(とみやすびめ)を妻とし、物部の初代の宇摩志痲遅命(うましまじのみこと/可美真手命:うましまでのみこと)をもうけた。元々は兵器の製造・管理を主に管掌していたが、しだいに大伴氏と並ぶ有力軍事氏族へと成長。5世紀代の皇位継承争いで軍事的な活躍を見せ、雄略朝には最高執政官を輩出するようになった。物部氏は解部(とべ:司法・検察機関)を配下とし、刑罰、警察、軍事、呪術、氏姓などの職務を担当し、盟神探湯(くかたち:古代日本の裁判)の執行者となった。

守屋の父は物部尾輿(もののべのおこし)、母は弓削の連の祖・倭古の娘(阿佐姫)である。その弓削連の本拠地は河内国若江郡弓削郷(現在の大阪府八尾市)である。


勅命に反対し排仏を唱える

敏達天皇(538~585年)14年3月1日、物部守屋と中臣勝海は「疫病が流行し、国民が死に絶えそうなのは、ひとえに蘇我氏が仏法を広めたことによるものに相違ありません」と奏上した。30日、物部守屋は自ら寺に赴き、その塔を切り倒させ、同時に仏像と仏殿も焼いた。さらに、焼け残った仏像を集めて、難波の堀江に捨てさせた。また、佐伯造御室(さえきのみやつこみむろ)を遣わして蘇我馬子の供養する善信尼らを呼び寄せ、海石榴市(つばいち:古代の市場)で尼の法衣を奪い、尻や肩を鞭うつ刑にした。いわゆる堀江棄仏事件である。

用明天皇(540?~587年)2年4月、天皇は磐余(いわれ:現在の奈良県桜井市)で新嘗の大祭を行った。天皇は群臣に「自分は仏・法・僧三宝に帰依したいと思う。卿らもよく考えて欲しい」と命じた。しかし、物部守屋と中臣勝海は、「どうして我が国の神に背いて、他国の神を敬うことがあろうか。大体このようなことは今まで聞いたことがない」と反論した。そこで7月、蘇我馬子は、諸皇子と群臣に勧めて、物部守屋を滅ぼそうと策略。泊瀬部皇子(はつせべのおうじ:後の崇峻天皇)、竹田皇子(たけだのみこ)、厩戸皇子(うまやどのおうじ:後の聖徳太子)ら諸皇子・群臣が一緒になって軍勢を率い、物部守屋大連を討った。いわゆる丁未(ていび)の乱である。

厩戸皇子は戦勝を喜び摂津国(大阪市天王寺区)に四天王寺を建立した。物部氏の領地と奴隷は二分され、半分は馬子のものになった。しかし、厩戸の皇子の心の広さを示すように、四天王寺では寺域の片隅に物部守屋を丁寧に祀っている。毎月21日の大師会(だいしかい)の日には絵堂への門があけられ守屋祠に参拝できる。


八尾市内に残る守屋終焉の地を巡る

跡部神社(八尾市亀井町2丁目415)

蘇我馬子が聖徳太子を立て、大連物部守屋を攻めたとされる阿都(あと)の館は、渋川を中心とした跡部神社の辺りをさすものといわれる。

八尾市のガイドブックには「阿斗の桑市の館」とか、「阿斗の河辺の館」の名が見え、この辺りをさすとあるが、日本書紀では「推古18年10月8日、新羅・任那の使人が都に到着し、膳臣大伴を要人を迎える荘馬の長とし、大和の阿刀の河辺の館に入らせた」とある。


渋川天神社(渋川廃寺址:八尾市渋川町5丁目48)

渋川天神社境内の西南の地は白鳳時代に渋川寺のあったところである。昭和10年(1935)頃、当地で国鉄関西本線の竜華(りゅうげ)操車場の開設工事が行われた際、多数の単弁八葉や忍冬唐草紋の瓦および塔心礎が出土した。発掘調査では、この付近は物部守屋の別業(別荘)の地で、そこに渋川寺があったと推測されている。蘇我氏と物部氏の戦いは崇仏派と排仏派の論争が原因といわれているが、守屋がここに寺を造り、塔を建てていたとなれば、日本書紀に書かれている仏教を倭の国に取り入れることに反対していたということは、蘇我氏が語り伝えた物語にすぎない。その実態は馬子と守屋の政治権力をめぐる闘争であった。


渋川神社(八尾市植松町3丁目3-12)

渋川神社の境内には大阪府指定天然記念物の樹齢千年のクスノキを含め数本の巨木がある。この辺りを含む中河内から南河内の広大な一帯は、物部氏の勢力範囲であったといわれている。付近に点在する物部の神を祀る神社は、守屋の生活の場を示しているのではないだろうか。守屋の居所であったとも伝わる渋川神社は、古く竜華寺の鎮守であったといわれている。現在の地は旧大和川の一支流現長瀬川の左岸にあった「安中新田」の会所の地を継承したものである。


大聖勝軍寺・守屋池(八尾市太子堂3丁目316)

地名の太子堂は聖徳太子(厩戸皇子)を祀る〝大聖勝軍寺〟から付いたものである。土地の人は聖徳太子の御廟のある叡福寺を上ノ太子、羽曳野市にある野中寺を中ノ太子、大聖勝軍寺を下ノ太子(太子堂)と呼んでいる。

寺伝では、用明天皇が崩御された年(587年)の7月、この辺りが物部守屋の軍と蘇我馬子の軍が戦った丁未の乱の戦場であったとしている。蘇我の軍兵は志紀(現在の八尾市南部)から守屋の渋川の家に至った。一方、守屋の軍は強く、勢いが盛んで野に溢れた。皇子たちと群臣の軍は弱くて、恐れをなし三度退却したという。厩戸皇子は守屋の大軍に包囲され、「椋の大樹」の幹の空洞に隠れて九死に一生を得たといわれ、境内の一角にそのレプリカが再現されている。窮境に及んだ厩戸皇子が白膠木(ぬるで)に四天王を刻み、この像に願をかけることによってようやく、4キロメートルほど離れた衣摺(きずり:現在の東大阪市)の地で物部守屋を倒すことができたといわれている。

大聖勝軍寺の山門を出てすぐ脇に守屋池がある。おそらく衣摺から届いた守屋の首を洗い実検したのだろう。敵とはいえ守屋は厩戸皇子の妻(刀自古郎女(とじこのいらつめ))の母(守屋の妹布都姫)の兄というから、若い厩戸皇子に相当なショックを与えたはずだ。


物部守屋大連墳(八尾市太子堂3丁目3)

物部守屋を葬ったところと伝えられ、「河内名所図会」には、塚状の丘の上に一本松のある姿が記されている。明治のはじめ、堺県知事小河一敏が、ここに守屋顕彰の碑と石灯籠を建てた。大陸からの仏教の伝来と、国神を奉じる魂は守屋の心の中でもせめぎ合い、結果、神道の守護者となった。そのことを示すのがこの墓である。

左奥の物部守屋公顕彰碑は、昭和62年(1987)に大阪府神社庁中河内分会によって、薨後1380年の記念事業で建てられたものである。そこには「我が国に初めて仏教伝来するや、国風たる神ながらの道統を護持せんと、父公尾輿の固き志を継ぎ、用明天皇二年、何ぞ国神に背き他神を敬せんやと断じ、蘇我馬子と対立。公は河内に帰り、一族を挙げ・・・激しく干戈(かんか)を交えしも・・・時に利あらず、同年七月七日、遂に果敢くも陳歿せられる・・・」とある。墓の周りの玉垣から、全国の名のある神社がこぞって寄進していることから、守屋が神道にとって欠くことのできない大きな存在であることを訴える。

守屋の墓前祭は各神社の持ち回りで毎年6月に行われ、慰霊並びに事績をたたえる。平成27年(2015)6月21日(日)、物部守屋大連墓所の扉は開かれ、大阪府下はもとより他府県の著名な御縁神社の宮司総代、敬神婦人会の役員等100人を越える参列のもと斎行された。明治以降の近代日本が神道を奉じて以来、一時は忘却の彼方に流されようとした国神は復活し、それと共に守屋の業績も再認識されたことを知る。参列した枚岡神社禰宜の山根眞人氏は「我が国で唯一の宗教戦争であったかもしれない。そしてその後の習合した日本宗教の有様。言いようを変えれば、これも町興しの種になるのでは」と話す。

物部氏の住地である八尾市のこの一帯は、物部氏の存在を避けて語ることはできず、今も物部氏を慕う人が多くいるという。この近辺には鏑矢塚、弓代塚など戦歴を語る小さな碑があるが、蘇我側の功績をたたえるというより、古代戦史の証人と捉えたい。


樟本(くすもと)神社(北木の本:八尾市北木の本5173)

守屋は、樟本神社の式内社三座のうち、布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)を祀る一座を守護神として奉祀していたが、その後、分村によって他の二座は「南木の本」と「北木の本」に分祀された。そのため、樟本神社という名の神社が、指呼の間に三社存在することとなった。ちなみに、「木の本」というのは、守屋が厩戸皇子の軍を防ぐため、このあたりに「稲城」を設けたとき、榎があったことからこれを「榎木城」といったところ、それがのちに「木の本」に転じて地名になったといわれている。


樟本神社(木の本:八尾市木の本1159)

境内に「守屋首洗池」がある。討ち取った物部守屋の首を秦川勝がこの池で洗って厩戸皇子の見参にいれたといわれる。大聖勝軍寺にも首洗池があるが、いずれも伝承の域をこえない。


樟本神社(日羅寺:にちらじ)(南木の本:八尾市南木の本7133)

日羅寺は黄檗宗日羅寺と称し、南木の本の「樟本神社」境内にある。百済から帰朝した日羅(にちら)は、阿都の桑市(南木の本の旧地名)に住み、一寺を建立し薬師如来を祀っていたのが始まりである。日羅には厩戸の皇子が師事したことがあるともいう。


弓削神社(八尾市弓削町1丁目36、八尾市東弓削1‐166)

800年頃の創建といわれる。弓削神社は2社あり、いずれも物部の祖神をも祀る。もともとは一社であったが、江戸期以前に長瀬川をはさんで東西二社に分かれ、現在にいたっているというが、その理由は分からないという。

弓削神社は、その名から弓削氏の氏神であったと思われる。弓削氏は河内国若江郡若江郷を本貫とする豪族で、その名の通り武器の製作に携わるグループを率いていた。物部氏との関わりも強く、物部尾輿は弓削連の祖・倭古連の娘阿佐姫と結婚し、守屋を生んだといわれる。


厩戸皇子が遠望した大和川の戦い

『日本書紀』は、厩戸皇子が参戦した丁未の乱の終盤戦を先に記し、その後、死者は双方あわせて数百にのぼったと記述している。当時の大和川は石川の合流点から河内湖の方へ北上していたので、大和に入るには石川か大和川を必ず渡河しなければならなかった。その意味でも、守備側の物部軍にとっては重要な防衛線であったと考えられ、双方に大きな犠牲が出たと思われる。

厩戸皇子は高井田の山から戦場を見通しているが、それは柏原市立歴史資料館のある高井田の山のどこかであったろうと思われる。すぐ近くの史跡・高井田横穴公園からは、蘇我氏と物部氏の戦いの初戦が繰り広げられた大和川と石川の合流点や、対岸の様子を立木越しに見通すことができた。資料館の壁面には旧大和川と石川の合流点を立体図形にしたパネルがあり、当時の状況が分かる。これについては学芸員からも説明を受けることが可能である。


2016年8月

(中田紀子)



≪参考文献≫
 ・宇治谷孟『日本書紀 全現代語訳』講談社
 ・森明勅『歴代天皇事典』PHP文庫
 ・金達寿『日本古代史と朝鮮』講談社
 ・和田萃『飛鳥』岩波書店
 ・関裕二『物部氏の正体』新潮社
 ・八尾市『八尾市観光データベース』
 ・やお文化協会『八尾の史跡』
 ・山根眞人(平岡神社禰宜)、沢 勲(大阪経済法科大学 名誉教授)
    『物部弓削守屋大連公(物部守屋)の情報を検分
    ―大阪府東大阪市、平岡神社の所蔵文書より―』



≪施設情報≫
○ 跡部神社
   八尾市亀井町2丁目4番5
   電:072−994−0287
   アクセス:JR八尾駅より南南西へ徒歩16分

○ 渋川天神社(渋川廃寺址)
   八尾市渋川町5丁目48
   アクセス:JR八尾駅より線路北側を西へ徒歩7分

○ 渋川神社
   八尾市植松町3丁目3-6
   電:072-922-0152
   アクセス:JR八尾駅より南東すぐ2分

○ 大聖勝軍寺・守屋池
   八尾市太子堂3丁目3−16
   電:072−922−3000
   アクセス:JR八尾駅から南西へ約700m(太子堂交差点から西へすぐ)

○ 物部守屋大連墳
   八尾市太子堂3丁目3
   アクセス:大聖勝軍寺表門を道路に沿って東へ50m

○ 樟本神社(北木の本)
   八尾市北木の本5−73
   アクセス:地下鉄谷町線「八尾南」駅北北東へ1km

○ 樟本神社(木の本)
   八尾市木の本1−59
   電:072-991-0325
   アクセス:地下鉄谷町線「八尾南」駅北東へ500m

○ 樟本神社(日羅寺)(南木の本)
   八尾市南木の本7−33
   電:072-991-7953
   アクセス:地下鉄谷町線「八尾南」駅北東へ600m

○ 弓削神社(弓削町)
   八尾市弓削町1丁目36
   アクセス:JR志紀駅南

○ 弓削神社(東弓削町)
   八尾市東弓削町1丁目166
   アクセス:JR志紀駅東

○ 柏原市立歴史資料館
   柏原市高井田1598−1
   電:072−976−3430
   アクセス:JR大和路線「高井田」駅より北へ徒歩約5分
       近鉄大阪線「河内国分」駅より北へ徒歩約15分

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association