JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue & 234 Beachwalk, ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第5話 ハワイで僕が肌で感じたこと

 今回は、ハワイで飲食店をはじめた僕が肌で感じたことを書かせていただきます。


 食材探しに、ホノルルのダウンタウン近くにあるチャイナタウンへよく行きます。香辛料探しに来たのに牛、豚、鶏の美味そうな捌き方に中国人の食文化の強さを再確認。そして、感じるのは中国人のたくましさです。


 世界のどこに行ってもチャイナタウンはあります。島国ニッポン育ちの僕らには、このたくましさはないですね。僕は37歳で海外に出ました。日本で育ったメリットを生かし、メイドインJapanを武器にしながら、このたくましさは見習いたいものです。


 そして、ハワイで良く目につくのが、フードトラックです。(フードトラック=キッチンカーのお店)ノースショアのあたりで火がついたこの業態は、今やハワイ全土に広がり流行っております。その理由の一つに“気候”が大きく関係すると思います。もし、日本でこの業態で飲食店をしたとしても、梅雨の時期と真夏、真冬の時期の集客は見込めないでしょう。



 そして、なにより、野外で食べる食事は美味しい!ここハワイの人たちは、バーベキューも毎週のようにやります。ホームセンターのバーベキューコーナーには、とてもたくさんのバーベキュー用品が並んでいます。このようなハワイの人たちが、室内文化である日本の茶道のようなものを理解するのも難しいようにも思います。


移住して現在7ヶ月が経過しましたが、現地に住むと、身体と感情が現地のマインドに影響されて、変わって来るのがわかります。日本では、室内でゆっくり食べたいと思いますが、ここハワイでは野外の空の下で食事がしたくなります。



 みなさんも、ハワイへ来られた際は、是非このフードトラックをめぐり、ハワイの空と一緒に美味しいものを食べてください。もちろん、我々のフードトラック『Go Go 鶴麺号』のラーメンもよろしく。


 最後にもう一つ僕がおすすめする料理があります。それは、ハワイで食べる“パシフィックリム”料理。



 パシフィックリムとは、「環太平洋」を意味しますので、太平洋の島々でだされるコース料理の総称です。基本的には西洋料理のコンセプトでだされますが、醤油や味噌、わさびなどが使われ、フルーツもふんだんに使われるのが特徴ですね。

 ハワイへこられたら、是非こちらもお試しください。

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association