JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue & 234 Beachwalk, ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第13話 世界がすすりだす

 みなさん、「つけ麺」という食べ物はご存知でしょうか?
最近、よく見かけると思いますが、まだ食べたことない方もおられると思います。
 ここ約5、6年ほど前から、つけ麺というラーメンの新たなジャンルがたくさんのラーメン店で提供されるようになってきました。今では専門店まで見かけます。


 「つけ麺」は、東京の東池袋の「大勝軒」が発祥とされています。
この「つけ麺」は、温かい少し濃いめのスープに、水でしめた太めの麺を、もりそばのようにつけて食べるラーメンのことです。




 この「つけ麺」のブームで、ラーメンの歴史が少し変わりました。
一般的に、ラーメン店は暑い夏場に来店客が減少し、売り上げが下がる傾向がありました。なので、その対策として「冷やし中華はじめました」という夏のラーメンの定番的なのぼりを掲げ、冷やし中華を提供し、売り上げ減少を押さえてました。


 しかし、「つけ麺」が登場し、暑い夏でも、水でしめた麺が夏バテの人たちにも食べやすく、冷やし中華の座を取って代わりました。なので、最近は「冷やし中華はじめました」が、街中から減ってきています。


 そもそも、麺をつけ汁につけて食べるスタイルは、もりそばやざるそばなどの“蕎麦”のスタイルです。温かいつけ汁につけるスタイルも、鴨碗など、昔からありましたし、「つけ麺」が日本人に受け入れられるのに、時間はかかりませんでした。




 しかし、世界を見てみると違います。
 今、アメリカもヨーロッパもラーメンがかなり普及していますが、「つけ麺」はまだまだです。鶴麺ホノルル店でも、「つけ麺」をメニューとして提供していましたが、上手に食べれるお客様はほとんどいません。


 中には、スープを盛られている麺の方に全部かけてしまうお客様すらいます。それでは、スープも冷めるし、「つけ麺」の良さが半減してしまいます。麺をつけ汁の中につけてすすることが難しいのでしょう。ラーメンや蕎麦もそうなのですが、「つけ麺」もすすって食べないと美味しさも半減します。


 日本人は、暑い麺を空気と一緒にすすりながら食べることによって、鼻から抜ける香りも一緒に楽しんでいるのです。日本人は口内調理が得意な人種だと言われています。おかずを食べたあとにすぐ白ご飯をかけ込み、口の中でその調和を楽しむ食べ方も、その口内調理にあたります。




 しかし、ほんと最近、ラーメンブームのおかげか、アメリカ人やヨーロッパ人の中にも、上手に麺をすすって食べる食べ方が浸透してきたそうです。この食べ方でないと、せっかくの出汁の味が味わえません。そうです、世界がすすりだしたのです。


 ラーメン店には、割り箸を割る音、麺をすする音が必要です。この二つの音が、世界に鳴り響く日は近いでしょう。
 ぼくもこのラーメンの鼓動を、世界に広げたいと思います。

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association