JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue,
ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第14話 ニューヨーク・ラーメン事情

 ラーメンの世界的ブームは、アジア諸国、アメリカ、フランス、イギリス、イタリアなど、さまざまな地域で、さまざまな人種に広がっております。
中でもここ最近のニューヨークでのラーメンは、とても興味深いものがあります。


 日本からの本格的なラーメン屋さんの進出も目立ちます。
マンハッタンの一等地に日本のラーメン屋さんが立派な店を構え、毎日行列が絶えないほどの人気です。また、ニューヨークで生まれ、日本でラーメン屋さんを成功させ、そしてまた故郷に帰り、凱旋オープンや成功させたお店もあります。そして、それだけではありません。


 日本に行ったことすらない現地のシェフが、独自のラーメンを開発し、店をオープンして話題を呼んでるなんて事もあります。ミシュランの星付き有名レストランから独立して、ラーメン店を開業したシェフもいます。




 そんな、ニューヨーク育ちのラーメン職人は、日本に行ったことが無いからこそ、自由な発想で創作ラーメンを考案します。そして、さまざまなラーメンが生まれてます。


 ラーメンは、もともと日本でも、全国各地のご当地ラーメンが存在します。
なので、いつか、これぞニューヨークのご当地ラーメンなるものが登場するかもしれません。


 ラーメンではないのですが、ニューヨークのラーメン店でよく見かける、ラーメンを食べる前のスターターとしての定番料理も生まれてます。
チャーシューを野菜と一緒に蒸しパンのような白いバウンスで挟んで食べるフィンガーフードです。


 BARのようなラーメン店で、チャーシューバウンスを片手にビールをのみ、ラーメンで〆る新しいニューヨーカースタイルが今年のトレンドになるのかもしれませんね?




 今年1月に、ラーメン仲間である中村氏が、ニューヨークのリトルイタリーで、カウンターだけの小さなお店をオープンしました。


 彼は、日本で活躍していた時代から生粋のラーメン職人で、ラーメンをアメリカに普及させるために、ラーメン職人で初めての0ビザというビザで移住を果たし、日本の本格的なラーメンの全米での普及に大きく貢献しておられます。




 僕らの役目は、日本で、関西で培ったラーメンの技術やマインドをしっかり伝承させつつ、いろいろな人種に、この日本の誇るべき食文化ラーメンを少しでも深く理解していただき、そして、楽しく食べてもらえるように、がんばっていかなければいけないと思っております。僕も負けてはいられません。


 世界に漕ぎ出した鶴麺です。ハワイの次は、丼一杯に日本の夢をのせて、太平洋を渡りたいと思っております。


Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association