JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue,
ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第18話 ドギーバッグの習慣

 Aloha!

皆さん、毎回お読み頂き、ありがとうございます。


 今回も、文化の違いについてお話ししようと思います。
ハワイだけではなく、アメリカの人たちは、レストランでオーダーしたけど食べきれなかった料理を容器につめて持って帰ります。こちらの言い方で“to-go box”や”doggy bag”と言われる容器にいれて、家に持って帰ります。


 そして、もちろん家に帰って食べたり、家族や友達にあげたりします。Doggy bagと言うくらいなので、飼ってる犬にあげる人もいるのでしょう。これは、ほんとにこちらでは日常のことで、日本ではあまり見られない文化です。




 なんと当店のラーメンも食べきれない場合に、持って帰られるお客さんがいます。ラーメン職人の立場からすれば、伸びたラーメンではなく、なるべく作り立ての美味しい状態で食べてもらいたいと思ってしまうので、少し残念な気分になっていました。


 しかし、こちらではそれが常識なのです。一年経って、僕も慣れてきました。そして、感覚的なものもわかってきました。


 こちらの人は、日本人よりも料理を食料としてとらえている感覚があります。味が落ちようが、食べ物として自分がお金を払って買った食べ物は持って帰ってでも食べるという感覚です。




 日本人にも、食べ物は残さず食べる、という躾としての考え方や、ものを粗末にしてはいけない、という考え方があります。しかし、こちらの人たちは、そのような感覚で持って帰ってはいないのです。勿体ないから持って帰るのではなく、あとで食べたいから持って帰るのです。


 そして、もう一つ、僕が飲食店を食べ歩いて気づいたことがあります。アメリカの飲食店は、暗い照明のお店が非常に多いです。日本では明るいレストランが当たり前ですね。


 これは、なぜか?という深い理由はありません。単純に、アメリカ人は暗い雰囲気が好きなのです。店構えも、店内もどちらも暗いです。たまに、昼間は照明をつけず、窓から差し込む光のみで営業している店もよく見かけます。




 日本人の僕からしたら、何か違和感を感じます。しかし、これこそが「感覚の違い」なのです。現地の人たちは、全くそこに違和感を感じてないのですから。むしろ落ち着く空間なのです。


 日本人の僕が、アメリカ人が落ち着く空間を作るのにはとても苦労してます。逆に、日本の高級なお寿司屋さんや老舗の和食のお店などに漂う“凛”とした空気感は、落ち着かない雰囲気なのでしょう。


 しかし、この文化の違いを理解し合い楽しむことはできます。“和”を理解する外国人の方も増えてきました。Calm(和み)、Peace(平和)など、様々に訳されるのですが、言葉で説明するより、感じてもらうのが一番早く理解が出来ます。


 食文化の交流は、お互いの文化の違いを、理解し合うのに最も良い方法なのではないかと、最近よく思います。まだまだ長く住めば文化の違いを肌で感じると思いますので、また気づくたびに、この場で紹介させてもらいます。


 Mahalo!
では、また次回お会いしましょう。

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association