JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue,
ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第20話 食べることは生きる喜び

 Aloha!


 「ラーメン」を中心に、食について色々と僕の思うことを好き勝手に書かせていただき1年間がたちました。
読んでくださり、支えて下さった皆様には、本当に心から感謝しております。


 今回は、『食とはどうあるべきか?』を僕なりに考えてみました。


 まず、僕の食の生い立ちですが、ほぼ99%おふくろの家庭料理で育ちました。
親戚の集まりや、よほどのことがない限り外食はしませんでした。なので、小さい頃の僕にとって、焼肉はホットプレートで焼くもので、お寿司は折に入っているものでした。(笑)


 もちろん、その頃はそれが普通だと思っていたので、ホットプレートで焼く焼肉も美味しかったし、折に入った握りやバッテラも大好きだったし、幸せでした。


 しかし、中学生くらいになると、お小遣いで塾の帰りにラーメンや牛丼を食べるようになり、外食と出会いました。


 丼一杯のラーメンにニンニクをたっぷり入れて食べたり、400円の牛丼に玉子を落とし、紅ショウガたっぷりで食べる外食は最高で、大好きでした。そして、時は経ち30歳半ばになり、商売も順調にいき始め、少し自由に使えるお金が出来だした僕は、飲食業を営んでいるので、進んで外食の食べ歩きをするようになりました。



自分で稼いだお金で食べる鮨、一貫ずつ出される大間のマグロや明石の鯛に感動したり、高級焼肉店で分厚めに切られたシャトーブリアンをミディアムレアに焼き上げた肉汁たっぷりのひとくちに、本当に幸せを感じました。
大げさですが、僕は「人生の生きる喜びと感動」を味わいました。


 そして、世の中にはこんなに美味しいものがあるんだと思い、がんばって働いて、また美味しいものを食べるぞぉと、仕事にもなお一層打ち込めました。まだまだこの世の中には美味しいものがたくさんあるし、僕は世界中の美味しいものを食べたいと思っています。


 だから、子供さんをお持ちの方に僕から言いたいことがあります。
小さな子供さんに、外食で高級なお肉やお寿司を食べさせることは、将来の楽しみや感動を奪うことでもあるということです。
だから、僕はおふくろの家庭料理だけで育ったことを、得したなぁ〜と思っています。


 もちろん、食育は大切です。
そして、健康のためにも良いものを食べさせてあげることは良いことです。
でも、子供が欲しがるからと言って、飽きるほど贅沢なものを食べさせないことをおすすめします。


 そうじゃなくても、子供からしたら外食には夢があります。
お小遣いをためて食べるラーメンや、ボーナスで初めて食べる数万円のお寿司には、この上ない感動があります。そして、40歳手前の僕は、やっとこの歳になってわかるお店やお酒の味があります。



 この春に、久しぶりに大阪に帰る予定をたてています。
立ち飲みで食べる「どて焼き」、「串カツ」、うどん屋さんで食べるとろとろ玉子の「親子丼」、摩り下ろした山芋と油かすが入った出汁の利いた「お好み焼き」、少し濁った出汁でディープに味のしゅんだ「おでん」。


 そして、呑んだあとの〆の「ラーメン」!大阪の味を食べるために帰ります。僕が生きる喜びを感じる瞬間です。


 食べることは生きる喜び。


 そして、美味しく食べるためには健康でなければなりません。
美味しいものを食べて健康になり、パワーがみなぎる大阪人を、大阪食文化を、もっともっと広げていきましょう。

Mahalo!

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association