JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 世界に誇る日本の食文化 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue,
ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第21話 〜「食」が街と人を元気にする〜『台湾美食紀行』

 一年間、ハワイに住みながら、大阪の食とラーメンについて今感じることを書かせて頂いてきましたが、引き続きもう一年書かせて頂くことになりました。大変、光栄に思っております。大阪で育った僕が世界に出て感じたことを少しでも伝えられたらと思います。


 そして、今回は、『台湾美食紀行』です。台湾は、高い「食文化」を持った国です。厳密には中国なのですが、政治的にも文化的にも今はほぼ中国ではなく、文字通り<台湾>という国になっています。



 今回、この国を訪れて僕が感じたことは、とても日本に近い「質」でした。
特に食に関しての「質」とレストランやホテルでの接客の「質」は、他の外国にはない、日本に近い「質」を感じました。それは、台湾の歴史が関係していると思います。
日本が、戦前に台湾を約70年間統治し、学校なども作って一緒に暮らしていたことが、大きく影響しているのではないでしょうか。




 まず、日本式のラーメンではなく、台湾に古くから伝わるラーメンが食べてみたいと思い、探すことにしました。そこで見つけたのが、「牛肉麺」です。これは、日本のラーメンにとても近いのですが明らかに違います。


 牛骨や内臓そして生姜でスープを取り、麺を合わせ、塩で味付けをしたシンプルな料理です。これは、本当に美味しかったです!牛肉の独特の旨みは、鶏や豚とは違うインパクトを与えます。そして、麺は柔らかくて、心地よい食感で癒されます。



 日本のラーメンのルーツは、満州からだと言われています。そして、現在日本で私たちが食べているスープに麺、ネギ、メンマ、チャーシューがのったラーメンの歴史は、約100年だと言われています。ここの「牛肉麺」のお店も約100年だそうです。


 日本で、ラーメン屋さんとして100年以上の歴史を持つラーメン屋さんはありません。この事実からしても、台湾の麺文化に歴史の深さを感じます。


 日本統治時代ももちろん営業していたので、その当時、台湾にやって来た日本人がここで初めてラーメンを食べて、その味が忘れられず、日本に帰ってラーメン屋さんを始めた日本人が一人位はいるのではないかと、想像も膨らみました。台北に3日間滞在したのですが、他にも、北京ダックや小籠包(しょうろんぽう)などが日本よりずっと安い価格で楽しめます。




 食べ続けた3日間はまさに“食い倒れ”。台北は、大阪と同じ「食の都」でした。
その食のパワーも大阪人に通じるところがあります。これからも台湾は、中国とも違う、独自の発展を遂げていくだろうと思います。それには、日本との関係も欠かせないように思いました。


 この春、東京に台北で大人気のシェイブアイス(かき氷)屋さんがオープンします。マンゴーシェイブアイスが有名で、いつも長い行列が出来るお店です。大阪に進出してくるのも時間の問題ではないでしょうか。



 『食の都大阪』も、台湾との交流をさらに深め、お互いの食文化を研鑽し、日本と台湾による新たな食文化を創造できれば、人や街がもっと元気になると思います。そして、私もその一翼を担って、大いにチャレンジしてみたいという気持ちが沸々とわいてきた『台湾美食紀行』でした。


Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association