JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 世界に誇る日本の食文化 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue,
ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第28話 Tsurumen in NY 〜その3〜

 ニューヨークでの4週間のチャレンジPR活動!もあっという間に終わりに近づきました。
世界一、活気あふれる街で仕事をした1ヶ月は、本当にすごいスピードで過ぎ去りました。


 この仕事と生活で実感したことは、ニューヨークの人たちは、「健康と食」に対して、実に旺盛な関心があると言うことです。日本でも最近は、ジムに通う人やジョギングをする人が増加していますが、朝のセントラル・パークやブルックリン橋はランナーでいっぱい。深夜のジムでも実に多くの人たちが汗を流しています。



 一例を言えば、「ホールフーズマーケット」というスーパーは、今や全米中のオーガニックブームの代名詞となり、その数を増やし、他にもたくさんのオーガニックスーパーが出来ています。街はビーガン(ベジタリアン)カフェやコールドプレスジュースなどの健康食品に関する店であふれています。



 僕たち『Tsurumen』のロケーションは、マンハッタンのNolita(ノリータ)というリトルイタリー地区の北(North of little Italy)に位置する、今人気の流行スポットで、そこにも、たくさんのビーガン(ベジタリアン)メニューのお店が立ち並んでいます。カフェメニューはもちろんビーガン・メニュー、変わったところでは、一切肉類を使わないカレーもありました。


 さらに、アボガドを食材として使用するメニューがとても目立ちます。ベジタリアンがそれほどいるの?と疑問を持つ方もおられると思いますが、第22話にも書きましたように、ハワイ店でもお客様の要望で「ベジタリアン・ラーメン」を開発しました。



 今回、ニューヨークでのメニューは、「醤油ラーメン」と「ベジタブル味噌ラーメン」の2種類でしたが、そのオーダー率がなんと「醤油ラーメン」75%、「ベジタブル味噌ラーメン」25%でした。約4人に1人のお客さんがチャーシューがのっていない味噌ラーメンを注文されました。


 僕にとってこの数字は実に驚きでした。また、醤油ラーメンは食べたいけど肉はいらないのでチャーシュー抜きをオーダーされる方もたくさんいます。日本では、そのようなお客さんはまずいませんよね。その中で、当店の「ベジタブル味噌ラーメン」はとても好評でした。



 お客さん曰く、ビーガン・メニューはどうしても「旨み」や満足度に欠ける料理が多いみたいで、「ベジタブル味噌ラーメン」は、味噌と野菜の旨みで満足いくものになっているとの意見が多かったのです。確かにニューヨークで食べるビーガン食はヘルシーではあるが、「旨み」や満足度に欠けるものが多いような気がします。


 日本には、古くから伝わる『精進料理』という素晴らしいベジタリアン料理があります。 もともと、肉は使わずに満足いく料理を作る技術に長けているのが『和食』なのではないでしょうか?このように実感することができたのも、ニューヨークでのチャレンジの大きな収穫だったと思います。


 かくして、ニューヨーカーたちとの暖かいふれあい、スタッフのみんなとの合宿のように楽しかった毎日の思い出とともに、1ヶ月間の期間限定ラーメン店『Tsurumen in New York』はその幕を閉じました。


 さあ、次なる夢を目指して『大阪から世界へ!』、また新たな冒険の旅に出かけることを決意しました。


Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association