JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 世界に誇る日本の食文化 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue,
ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第32話 最新ラーメン店経営論

 取材を受けました。過去にテレビや雑誌の取材は何度も受けましたが、今回は少し違いました。店に礼儀正しいアポイントの電話が入りました。


 取材の依頼者は、大阪の某国立大の4年生でした。「卒業論文のテーマで、ラーメンについて研究しています」とのことで、その丁寧な学生の依頼を快くお受けしました。


 アポイント当日に、お店に来た学生からの約1時間のインタビューは、僕にとっても大変有意義な時間となりました。彼のテーマは「ラーメン店の戦略とそれに対する消費者の心理」でした。このラーメン好きの学生が各地のラーメンを食べ歩いている中で、疑問に思ったことを素直にぶつけてきたのです。



 大手の飲食チェーンのマーケティングとは違い、ラーメン店は駅前でも繁華街でもない、立地としては不利ともいえる住宅街の片隅のようなところで営んでいます。そんなお店になぜあんなに多くの人が行列するのかという疑問から、その戦略について調べたいと思ったそうです。確かに、その通りですね。


 私ども個人で営むラーメン店は、駅前や繁華街などの好立地で高額な物件を選びません。この時代、そんな高額な物件で出店すれば、経営はかなり苦しくなります。もちろん、商売ですから人通りの多い場所やアクセスのよさは大切な要素です。


 しかし、ここ数年で、宣伝広告媒体の変化や一般人の食に対するこだわりが変化してきたため、辺鄙な場所にあるお店にも、わざわざ探して食べに来てくれるお客さんが増えてきました。スマートフォンの増加、SNSや地図アプリの普及のおかげで、話題のお店はすぐさま人々に知れ渡り、探す苦労もなくなったのです。



 店側は従来の媒体に宣伝広告費をかける必要がなくなり、その分、ラーメンの品質やお店のことに集中出来るようになったと思います。学生にこうした説明をしているうちに、自分の中でも商売の仕組みを再確認することになりました。かつては大規模な広告を展開する大手の飲食チェーンの圧倒的な知名度に対抗するのがとても難しい時代もありましたが、それが変化してきたのです。


 もちろん、以前でも実力のある個人店は、評価されていました。しかし、SNSやスマートフォンの普及のおかげで、実力のある「個」が評価されるまでのスピードは確実に早まりつつあります。なぜ、「個」が「大手」に勝てるのか?をこの学生は疑問に思ったのでしょう。大学のマーケティングの講義では、大手企業の立地に対するマーケティング理論などを学びます。


 学校なので、少し前のスーパーやコンビニなどの成功例を分析し、その方程式を検証して、これからの時代の方程式を導きださないといけません。いつの時代も「過去」を学んで、「現在」を知り、「未来」を予測することは大切です。そんな中、「ラーメン店」が、最先端の経済経営理論や新しいビジネスモデルとして、研究対象になっていることは素直に嬉しく思いました。



 なかでも現役の大阪の大学生がラーメン店の経営に興味を持ってくれたことはとても嬉しく思いました。この大学生の質問にすぐさま答えられない項目もたくさんありました。


 「他店にはないこの店の魅力は?」「日本のラーメンとは何か?」
インタビューを受けながらも、逆に今後の大きなテーマをいただいた取材でした。


 勇気を出して、取材の電話をしてくれた学生さんに心からありがとうと言いたいと思います。

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association