JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 世界に誇る日本の食文化 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue,
ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第35話 大阪は食のテーマパーク

 皆さん、「インバウンド」という言葉をご存知ですよね。最近、テレビや新聞でこの言葉を知った方も多いと思います。インバウンドを直訳すると「内向きの、入ってくる」という意味なのですが、最近は「外国人旅行者を自国へ誘致する」意味でよく使われるようになりました。大阪も数年前からインバウンドが進められており、外国人旅行者が大幅に増えました。



 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが過去最高の来場者数を更新しているのはインバウンドの影響もあるのではないかと思います。2015年の流行語になった「爆買い」も、外国人旅行者によるものです。大阪のミナミやキタなどの繁華街は、外国人旅行者で溢れかえっています。





 大阪の台所「黒門市場」も外国人旅行者で賑わい、商店街の売り上げは過去最高、バブル期の最高売上を超えた店がたくさんあるそうです。市場なのですが、あまりの外国人旅行者数が多く、買い食い客が増えたので、お店もイートインスペースを設けるなど商店街の形も変わってきています。このあたりの事は、テレビ番組のバラエティコーナーでご覧になった方も多いと思います。また、外国人旅行者用に、韓国語、英語、中国語で作られた「KUROMON」というマップもできています。


 食い倒れの街「大阪」の観光資源は、まさに「大阪の食べ物」なのです。そんな大阪の現状を踏まえ、当店もメニューに英語表記を入れることにしました。当店の立地は、大阪城に近く、最近外国人旅行者の来店が目立つようになってきました。


 毎日3組以上の外国人旅行者がラーメンを食べにやってきます。
これからはもっと増えるのではないかと思っています。海外の友人も大勢ラーメンを食べに来てくれます。そして、他にも大阪のおいしいものをたずねられます。




 串カツ、たこ焼き、お好み焼き、うどん、ホルモン焼き、肉まん、フグなど、大阪にはオススメの「うまいもん」がたくさんあります。僕は、ハワイやニューヨークにラーメン店を出店した際、住んで感じたのですが、大阪ほど名物料理があるとは思いませんでした。大阪はまさに「食のテーマパーク」です。



 京都に比べて歴史的な建造物などの観光資源は少ない大阪ですが、「食」という立派な観光資源があることに、インバウンドによってまた気づかされました。


 この「食のテーマパーク・大阪」で、僕もラーメン職人として、大阪の良いところをさらに伸ばすことに貢献し、ラーメンも大阪の名物だと言ってもらえるように努力を積んでいこうと思っております。

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association