JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 世界に誇る日本の食文化 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue,
ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第38話 サラリーマンじゃない生き方
       〜ラーメン屋の店主としての生き方〜

高齢化社会と定年退職の問題

 僕の経営する『鶴麺』では、従業員にいずれは経営者になることを勧めています。ラーメンの作り方を1から10まで教えて、店舗のマネージメントや経理など、店舗経営に必要なスキルも身につけてもう環境を与えています。




 その理由は、大きく二つあります。


 一つは高齢化社会と定年退職の問題です。日本は過去にないくらいの高齢化社会を迎えています。書店には、老後の生活の問題を取り上げた本がたくさん並んでいます。
大企業の影響力が大きかった時代は、大学を出て大手企業に就職することで生活は安定しました。





 60歳まで勤め上げて定年退職し、年金で老後を過ごすことができます。しかし、そんな常識はもう過去のものとなりました。定年退職して、また違う仕事を探すのが当たり前になりつつあります。一方、経営者には定年はありません。


僕は、寿命が延びた現代を生き抜くには「75歳まで働く」というくらいがちょうど良いのではないかと思っています。そこで弟子たちには、75歳まで元気にラーメン職人として働き、小さくてもラーメン店の経営者としての生き方を提案しています。もちろん飲食店経営は、そんなに甘いものでもありませんし、ラーメンも例外ではありません。





 先日もこのエッセイに書いたのですが、10年飲食店を続けるのは大変です。しかし、小規模でも自分がラーメン店の経営者として店を運営し、ラーメンを作る限りは深刻な人不足になどにそこまで悩ませられることもありません。多店舗展開のリスクも心配ありません。
だから僕は、少し大げさではありますが、高齢化社会を生き抜く選択肢としてラーメン屋さんとしての生き方を提案しています。



30年後のラーメンの将来性

 僕がラーメン店の経営を勧めるもう一つの理由はラーメンの将来性です。
ラーメン店を経営するということは、そこに貴重な自分のお金と時間を投資することになります。投資という観点からものを見るとき、重要になってくるのが何十年先にも価値があるのか?ということです。他にも色々なビジネスチャンスが期待できる業態もあります。ITベンチャーなどに自分のお金と時間を投資することも一つの手でしょう。




 しかし、僕は「美味しいものは人を幸せにする」という思いでラーメン屋を営んでいます。この考えは普遍の真理だと思います。だから僕は、30年後も職業としての飲食ビジネスは無くならないと思います。また、ラーメンは今、海外でも需要が高まっているので30年後もその価値は落ちていないと確信します。


 世の中は、「組織」から「個」の時代に移りつつあります。一人のラーメン職人が一人のお客様を幸せにする。そんなミニマムな考え方、小さな思いが、大きな未来を作るのではないでしょうか。

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association