JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

基本理念|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
理事長挨拶 理念 団体概要 定款 役員名簿 組織構成 事業計画・収支予算&事業報告・収支決算 賛助会員

基本理念

大阪21世紀協会は、21世紀にふさわしい「世界都市・大阪」の創生をめざす「大阪21世紀計画」推進のためのガイドラインとして、同計画の「基本理念」(1982年2月)に基づき、1983年に「グランドデザインの基軸」を策定し、1986年には「グランドデザインの基軸(Ⅱ)」として総合的な提言を行い、さらに、1992年3月には、新たな視点でまちづくりについての提言を行うため「大阪21世紀計画新グランドデザイン」を策定してまいりました。

新グランドデザインが目指す文化立都はいまだ途半ばではあるものの、一定の成果を上げ、また、大阪府、大阪市の総合計画をはじめとして、関係諸団体が新しい構想・計画を発表、検討されています。
21世紀に入り、社会・経済情勢は大きく変わりつつあります。
そこで、2003年3月、文化立都を基本としつつ、21世紀初頭を見据えた新たな「第3次グランドデザイン」を策定いたしました。

1981年の五者会談を受け、桐山事務局長代理を長とする計10名の事務局体制がスタートしました。大阪21世紀準備委員会も設置され、企画委員に梅棹忠夫氏、小松左京氏らを選出。組織の強化が着々と図られました。

そして、翌年の1982年3月31日には「設立総会」が開催され、総会の前に開かれた大阪21世紀準備委員会において「大阪21世紀計画・基本理念」が承認されました。

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association