JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
田中さん家の食卓物語
  • 関西・大阪21世紀協会 30周年おめでとう!「ケータリングビジネスについて」
  • 100年後の日本料理 満田健児の世界
  • 100年後の日本料理 満田健児の世界 第一回 大阪伝統野菜 碓井豌豆
  • 大阪のオモシロ食文化考
  • 100年後の日本料理 満田健児の世界 第二回 「鱧」
  • 大阪から始まる―ハラール食への挑戦
  • 大阪多文化社会 ハラール食への挑戦
  • 100年後の日本料理 満田健児の世界 第三回「とうもろこし」
  • 100年後の日本料理 満田健児の世界 第四回「ごぼうのユーモア」
  • 大阪の秋祭り―亥の子祭り
  • 100年後の日本料理 満田健児の世界 第五回「魚卵を食べる民族の大好物 筋子」
  • 100年後の日本料理 満田健児の世界 第六回ワインとマリアージュ「SUKIYAKI」
  • 100年後の日本料理 満田健児の世界 第七回春を呼ぶ食材「いちご」
  • 100年後の日本料理 満田健児の世界 第八回火入れの方法
  • 世界に羽ばたく「日本料理」

国際食学料理研究家

フードフィロソフィスト

大阪樟蔭高等学校教育アドバイザー

食育ハーブガーデン協会理事長

 

大阪樟蔭女子大学英文科卒。結婚・育児のかたわら「食」の専門家への道を歩きはじめた。ニューヨークやヨーロッパ、タスマニアなど豊富な海外生活のなかで多くのパーティーコーディネートに携わり、研鑽をつんだ。

2000年、「キッチンカンバセーション」を設立。ワールドワイドなネットワークを生かして、食のプロデュース活動を多角的に展開。

2009年もう一度原点に立ち戻って新たに見つめなおし、未来に向かって歩みだす礎となる「食育ハーブガーデン協会」設立。

「未来に紡ぐすこやかな食と暮らし」を願いとし、食育ハーブガーデンの実施や食育ハーブクッキングなどのボランティア活動を通じて食卓のフィロソフィーを提唱し、全国的な広がりとなる。

2011年よりスタートした、大阪樟蔭高等学校「健康と栄養コース」の教育アドバイザーとして、学科の総合プロデュースを行い話題となっている。

NHK「きょうの料理」や雑誌など様々なメディアでも活躍中。

料理教室「リスタ・クリナリースクール」では世界の家庭料理の紹介とともに、次世代の料理研究家の育成も目指している。

主な著書に「すぐにできる美味しい圧力鍋料理」(誠文堂新光社)、「きれいに暮らす」(プラネットジアース)、「おいしい!楽しい!グッド・ギャザリング」(文化出版局」「おいしいお茶のひと時を…」(旭屋出版MOOK)、「トマト美人のごちそうメニュー」(主婦と生活社)など。

  • 田中愛子主催の料理教室
  • 田中愛子の食育活動
  • 田中愛子オフィシャルブログ
  • 田中愛子アプリ
第11回 100年後の日本料理 満田健児の世界

 満田健児さんと出会ったのは、私が「食育ハーブガーデン協会」を立ち上げた2009年頃でした。大阪ガスの北摂担当の大石ひとみさんの紹介で、「大阪ガス主催 食育交流会」の運営役員を受ける事になり、その一回目の会合を蕎麦屋「木田」でした。「食」についての談義が進み、ワイワイどんどん盛り上がって、久しぶりに心地良いひと時。「美味しい食べ物」「愉快な仲間」幸せな出会いでした。
 次は、「私の家で食事会をしようよ!」と言う事となり、蕎麦屋の木田君が手打ちの蕎麦を、満田さんも新鮮な旬の食材をたっぷりのお料理を、私は家庭料理を持ち寄りました。そして、その夜のメイン イベントは主人が経営していた「ニューヨークの和食レストランしん和」のビデオをみんなで見る事でした。そこへ、突然主人が帰って来て、びっくり主人公の登場であれこれと当時の四方山話に花が咲き、例の「田中裕 野獣伝説」にお腹を抱えて大笑いし、大いに食べて飲んで心ゆくまで過ごした忘れられない夜となりました。それ以来何度か我が家の「食事会」が定例のようになり、主人と満田さんの意気が合って家族同士のおつきあいとなり、その中で満田さんの「食」に対する情熱、「日本料理」に対する愛情、「食材」に対する探究心の深さに心打たれました。お客様により美味しく、より安心して食べていただく健康な旨さ、「食材」の持つ本来の「味」を伝えて行くための調理法、料理法の研究は試行錯誤を重ねたて生まれて来たレシピは多くのファンを惹きつけています。
 「江戸時代に確立した日本料理が、ここ30年経済発展と共に華やかに進化しました。今、環境異変、嗜好の変化、食材の多様化の中にあって持続可能な日本料理を開発して行きたい。100年後にスタンダードになっている日本料理を目指したい」と満田さんは言います。そのパッション、未来の日本料理のヴィジョンをここ「食」の大阪から発信して行きたいと言う思いが今回の企画となりました。
 毎月、「100年後の日本料理  満田健児の挑戦」を連載致します。
 どうぞ、ご期待下さい。

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association