JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
こんなに知らなかった!なにわ大坂をつくった100人

第13話 麻田剛立あさだごうりゅう(1734年-1799年)

立身出世より天体観測を優先した江戸期屈指の科学者

享保19年(1734)、豊後国杵築(きつき)藩(現在の大分県杵築市)の儒学者・綾部家に生まれる。幼い頃、影の変化を見て太陽の動きに気づき、天体観測に興味を持つ。長じて医学を修め藩医として務めるかたわら、独学で太陽や月の運行を観測。宝暦13年(1763)、当時の宝暦暦(ほうりゃくれき)に記されていない日食を予言し周囲を驚かす。ついには天文学への思いが高じ、脱藩を敢行。大坂に移り住み、追っ手をかわすべく麻田剛立と名乗る。

以後、医者として生計を立てながら、懐徳堂に象徴される大坂の自由闊達な学問的気風の中で、ひたすら天体観測に打ち込む。英国製の反射望遠鏡や大坂職人手製の観測器具を駆使し、膨大な観測データを収集。月面の観測図を作成したり、「ケプラーの第3法則(惑星の公転周期の2乗は軌道の長半径の3乗に比例する)」が日本に伝来する以前に、それと類似の法則を発見するなど先駆的な成果を挙げた。

剛立は医学分野でも後進に多大な影響を与えた。安永2年(1773)、中井履軒(なかいりけん)は、剛立が行った人体解剖を筆写し、医学解剖書『越俎弄筆(えっそろうひつ)』を上梓した。「越俎弄筆」とは「自分の本分を越えて戯れに書く」という意味で、本来は剛立が執筆するものであるが、研究に忙しい剛立に代わって自分が分を越えて著したという意が込められている。とはいえその内容は、現物を確認し事実に謙虚に接するという剛立の天体観測と同じ姿勢が貫かれ、優れた解剖書と評価されている。

剛立の観測拠点である本町の自宅は私塾「先事館(せんじかん)」と名付けられ、高橋至時(たかはしよしとき)や山片蟠桃(やまがたばんとう)、間重富(はざましげとみ)ら、優れた町人学者が集まった。一方、その頃、老中松平定信は不具合の多い宝暦暦を改定すべく、剛立を幕府天文方に指名するが、剛立は度重なる要請を辞退。代わりに門弟の至時と重富を推挙し、2人の活躍により寛政暦(1779年)が完成した。

剛立は立身出世に距離をおき、終生、後進の指導と天体観測に身を捧げた。寛政11年(1799)に65歳で没した後、大坂の西洋学問(蘭学)の系譜は、大坂商人の熱い支援と参画を得て、至時、重富、蟠桃そして橋本宗吉(はしもとそうきち)へと引き継がれていった。


剛立が見た星空

西の空が茜色に輝き、東から月が昇り始めやがて星々が姿を見せる。夏の太陽の残光が完全に消えると大阪の空は満天の星たちで埋まる。大きな光を放ち存在感を際立たせる星もあれば微かで今にも消え入りそうな星の群れもある。それは時の経過とともに東から西へと移っていく…。

大阪市立科学館(北区)のプラネタリウムホールは、300人を収容する世界一の施設。巨大なドーム天井に展開されるデジタル・スカイ・ビューのリアルな映像は、観る者を江戸時代の星空に誘う。都会から星空が消えてしまった現代、プラネタリウムは、剛立の観察したかくも美しい大坂の満天の星空を追体験できる唯一の場所である。


私塾「先事館」を探して

間重富や高橋至時など優秀な弟子が剛立のもとに集まり、寛政元年(1789)に日本で初めて誕生した天文暦学研究の私塾「先事館」は、現在の中央区本町3丁目辺りにあったとされているが、現地にそれを示すものは何もない。

ただ、本町3丁目という場所は、懐徳堂から南へ徒歩10分、西長堀川にかかる富田屋橋北詰めにあった重富の質店「十一屋」から北へ15分、現在の法円坂にあったとされる至時の大坂定番同心屋敷から西へ15分、そして後に入門する医師・橋本宗吉の私塾「絲漢堂(しかんどう)」があった南船場から北へ10分の距離にある。いずれも先事館を中心に半径1kmの範囲にあり、実際に歩いてみるとその距離の近さに驚かされる

大坂の学問所・懐徳堂のように、身分にこだわらない同学の士の身近な人間関係と同様、この日常の距離感こそが、重富や至時らが先事館に足しげく通い、観測・研究や自由闊達な交流を促したのであろう。


江戸時代のメセナ精神を現代に

剛立たちが天体観測に使用した望遠鏡は、レンズの組み合わせによる屈折望遠鏡と鏡の組み合わせによる反射望遠鏡の2種類であった。反射望遠鏡は、当時日本には英国製の2台しか舶載されておらず、道修町で裕福な薬問屋を営む門弟の山本彦九郎の働きでその内の1台を手に入れた。その優れた性能によって、剛立は月のクレーターを日本で最初にスケッチしたのである。昭和51年(1976)、国際天文学連合(International Astronomical Union)において「クレーター・アサダ」の命名が正式に承認され、剛立の名を永遠に月にとどめることとなった。

『歴象考成(れきしょうこうせい)―後編』は、西洋の天文学の最新知識を採り入れた中国の天文暦算書で、剛立らにとっては喉から手が出るほど欲しい書物であった。しかもこの難解な書物は日本に2、3冊しかない稀少本でもあった。そこで質店「十一屋」主人の重富が奔走して手に入れた1冊が、先事館にもたらされたのである。剛立、重富、至時の3人はこの書を究めて暦説をまとめ「寛政の改暦」に寄与した。

武家出身で学究肌の剛立が持ち合わせていないのは、財力と折衝力であった。その弱点を補ったのが、重富ら大坂商人の機転と才覚、飽くなき学問支援の姿勢である。弟子たちは世話焼きであったかもしれないが、さりとて押しつけがましいところは全くなく、剛立との師弟関係は実に爽快であったと言える。

現在、大阪には市民からの寄付によって関西の芸術・文化を支援する「アーツサポート関西(2014年設立/事務局:公益財団法人関西・大阪21世紀協会)が活動を行っており、誰もがアートのパトロンになれる新たな仕組みとして注目されている。また、大阪府が信販会社と提携してつくる社会貢献カード「OSAKAメセナカード」制度は、カード加入者の利用額の0.3%が自動的に「大阪府文化振興基金」に寄付される仕組みで、いわば府民による草の根の文化支援活動である。現代の大阪に、江戸時代の精神的風土が連綿と続いている証しとは言えないだろうか。


あべのハルカスを望む剛立の墓所

天王寺区夕陽丘の口縄坂を上りつめた先に浄春寺がある。門前に「麻田剛立墓所」の石碑、門をくぐって中に入ると正面に多くの墓が並び、その向こう側は上町台地の崖に当たる部分で、西を向けばあべのハルカスの偉容を望む。

墓銘は「剛立麻田先生墓」と横書きで刻まれ、その下さらに左右、裏面まで懐徳堂学主・中井蕉園(曾弘)撰による碑文で埋まっている。蕉園は懐徳堂全盛期の第四代学主・中井竹山の子(第4子)で、剛立との解剖書『越俎弄筆』の著者中井履軒の甥でもある。


[余話3題]

奇しき縁

剛立が眠る浄春寺の墓地には、江戸後期の南画家、田能村竹田の墓と顕彰碑が前後に並んで建っている。この豊後国出身の画家は大坂で頼山陽と邂逅、以降親交を深め、山陽が母親を箕面滝に案内したときにも同行している。ちなみに、同じ墓地の麻田剛立墓の碑文撰者、中井蕉園の文才を高く評価したのが、他ならぬ山陽であった。


剛立と大分麦焼酎

「大分麦焼酎」は、平成19年(2007)に大分県酒造組合の「地域団体商標」に登録され、「麦焼酎と言えば大分」が全国的に浸透している。また、麻田剛立の生きざまを企業理念とする有限会社ゴーリュー(大分市)が企画し、同県杵築市の酒造メーカーがつくる評判の麦焼酎がある。「月に刻んだ江戸時代人の名が由来の 時代を超えた焼酎」と謳うその名は「大分麦焼酎GORYU」。杵築市産の麦100%を原料とし、国東半島の地下水で仕込まれたその味を、剛立の生涯や星空に想いを馳せつつ愉しむのも一興か。


星に願いを

星空に浪漫を感じるのは剛立も江戸の大坂庶民も同じ。しかし、それを理論構築した学者剛立とは違い、大坂には星空を信仰の対象にする人たちも多かった。大阪天満宮(大阪市北区)の北隣、天満天神繁盛亭(同区)の近くにある「星合池(ほしあいいけ)」はそうした場所の一つ。天歴3年(949)に天満宮が造営された時、この池に霊光が映ったと伝えられており、江戸時代の「摂津名所図会大成」には、「七夕池」あるいは「星合池」とも言うと書かれている。

星合池は古くから男女見合いの場所として使われていて、織姫・彦星に因んだ「七夕の社」が昔あったそうだが今はない。七夕は別名「星合(ほしあい)」と呼ばれ、星合池にかかる「星合橋」は縁結びのスポットだとも言い伝えられている。7月7日にはここで「星愛七夕まつり(天神橋筋商店連合会主催)」が行われ、多くのカップルが訪れる。

さて、星合橋を渡ると茶店「星合茶寮」がある。猛暑のこの日、蚊取り線香が焚かれた簾囲いの休憩所。長椅子に腰を降ろし、備え付けの団扇をあおぎながら食したのは梅ジャム付アイス。盆に載せられた冷茶と一緒に喉に通す。昼日中、都心の真ん中で体験した静寂と清涼感、これは掘り出しものだった。

2016年4月

(長谷川俊彦)



≪参考文献≫
 ・大阪市史編纂所『大阪市史』
 ・大阪府史編集専門委員会『大阪府史』
 ・鹿毛敏夫『月に名前を残した男 江戸の天文学者麻田剛立』
 ・本渡 章『大阪古地図 むかし案内』



≪施設情報≫
○ 大阪市立科学館
   大阪市北区中之島4-2-1
   電:06-6444-5656
   アクセス:地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」から徒歩5分
       地下鉄・京阪「淀屋橋駅」から徒歩10分
       JR大阪環状線「福島駅」、JR東西線「新福島駅」から徒歩10分
       阪神「福島駅」から徒歩10分
       京阪中之島線「渡辺橋駅」から徒歩5分

○ 懐徳堂跡の碑
   大阪市中央区今橋3-5日本生命ビル南側壁面
   アクセス:地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」すぐ

○ 絲漢堂跡碑
   大阪市中央区南船場3−3−23
   アクセス:地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」から徒歩5分

○ 間長涯(重富)天文観測の地碑と富田屋橋碑
   大阪市西区新町2丁目
   アクセス:地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」から徒歩1分

○ 先事館跡
   アクセス:地下鉄御堂筋線「本町駅」すぐ

○ 浄春寺(麻田剛立墓所)
   大阪市天王寺区夕陽丘町5-3
   電:06−6771−5048
   アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽丘駅」から徒歩3分

○ 星合池(大阪天満宮内)
   大阪市北区天神橋2-1-8
   電:06−6353−0025
   アクセス:地下鉄谷町線「南森町駅」から徒歩5分

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association