JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
こんなに知らなかった!なにわ大坂をつくった100人

第1話 大伴金村おおとものかなむら(5世紀後半-6世紀前半頃・生没年不詳)

古代大和朝廷のキングメーカー

大伴金村は古代の有力豪族(大連)で、5世紀後半〜6世紀前半にかけて朝廷に仕え、大伴氏の一時代を築いた権力者。継体天皇の最後の居宮・磐余玉穂宮(いわれたまほのみや)のある磯城・磐余地方(現在の奈良県桜井市)を本拠地とし、その勢力は河内、摂津、山背(山城)などにも及んだとされる。

金村は、天忍日命(あめのおしひのみこと)を祖神とする大伴室屋の孫で、大伴談(かたり)の子といわれている。武烈天皇の即位に貢献し、祖父と同じ大連の称号を得て以降、継体、安閑、宣化の各王権成立を画策。大いなる権勢を振るった。

金村が力を最も発揮したのが、継体天皇の擁立である。武烈天皇9年(507)、武烈天皇の崩御で皇統が絶えようとした時、金村は応神天皇5世の孫にあたるとして越前国にいた男大迹王(おほどおう)を推挙。河内国樟葉宮(かわちのくにくずはのみや)で第26代継体天皇として即位させた。

継体天皇6年(512)には、高句麗によって国土の北半分を奪われた百済から任那4県の割譲要求があり、金村は五経博士の受け入れを条件にこれを承諾した。しかし、これが後に金村失脚の原因となる。

継体天皇21年(527)に筑紫国造磐井(つくしのくにのみやつこいわい)の乱が起こり、金村は物部麁鹿火(もののべのあらかい)を派遣し鎮圧させるなど功績を上げた。しかし、欽明天皇期に新羅が任那地方を併合する事件が起きた際、先の任那割譲の際に金村が百済から賄賂を受け取ったと物部氏らから嫌疑をかけられ失脚。武烈以降四代の天皇を即位させた金村は、ついに最高権力者の座を降りることになる。晩年は摂津国住吉郡(現在の大阪市住吉区帝塚山)に住み、波瀾の生涯を終えた。当地にある帝塚山古墳は、金村とその子の墳墓と伝えらえている。

金村亡き後は、蘇我氏と物部氏との対立の時代に入る。大伴氏は歴史の表舞台から消え、後世の安麻呂や、その子である旅人(たびと)、孫で万葉集編纂に携わった家持など少数が大伴の名を残すのみとなった。


金村の最期の地

大伴金村に由来する遺物や遺跡などはあまり残されていないが、関西には金村の墓といわれる「帝塚山古墳」と「金村神社」がある。

帝塚山古墳は、南海高野線帝塚山駅から西へ約100m、閑静な住宅街を入り込んだ先にある。全長約120m・高さ8〜10mの前方後円墳で、出土した埴輪片の特徴などから4世紀末~5世紀初頭の築造とされている。大阪市内には帝塚山古墳を含め、茶臼山古墳(天王寺区)、御勝山古墳(生野区)、聖天山古墳(阿倍野区)の4つの古墳があるが、前方後円墳の原型をとどめているのは帝塚山古墳だけ。そのため国の史跡に指定されている。門扉で閉ざされ中には入れないが、門柱に説明板が掲げられており、墳丘には明治天皇が明治31年にここから陸軍特別大演習を統監されたという記念碑を垣間見ることができる。

当地には、明治頃まで大小二つの古墳があり、「大帝塚山」「小帝塚山」と呼ばれていた。現在、大帝塚山は住吉中学校の敷地となっており、小帝塚山だけが残っている。帝塚山古墳の外表施設は前方部に埴輪列が巡り、茸石も敷かれていたといわれている。しかし、石室や石棺などの内部構造は不明。そのため埋葬者も不明であるが、当地に住居があった大伴金村の墳墓と伝えられている。また、摂津名所図会には、履中天皇の義兄で住吉に住んでいた鷲住王(わしすみのおおきみ)の墓という説や、万葉集第9巻1740番に「水江の浦島の子」が載っていることから、地元では浦島太郎の墓とも言い伝えられてきた。古墳内には、フキやワラビ、ゼンマイなどのほか、珍しいカンサイタンポポが群生している。

一方、近鉄御所線「新庄駅」から西へ歩くこと25分、葛城山麓一帯に広がる屋敷山公園近くに「金村神社(奈良県葛城市新庄町)」がある。公民館の窓口で、金村神社の場所を尋ねたが、三人の職員は互いに顔を見合わせ、「そんな神社あったかな」といった表情を浮かべた。インターネットで調べてもらったところ、「そう言えば駐車場の下にある、あの社や!」ということになり、ようやく場所が判明。それは知る人のみぞ知るといった感じの小社であった。

傾いた石造りの鳥居をくぐると、崩れかけた石燈籠の根元部分に微かに「金村社」の彫り込みを見つけた。さらに石段の奥には小さな祠。かつては式内社(延喜式の神名帳に記載されている神社)であり、明治4年(1871)には四反歩の境内旧地を持つ大社だったというものの、今やその面影は微塵もない。社伝によれば、安閑天皇2年(535)に大伴金村の霊を勧請したとされるが、古代大和朝廷のキングメーカーだった大伴金村を祀る神社が、なぜ本拠地の住吉から遠く離れたこの場所にあるのかは知る術もない。


影の功労者・河内馬飼首荒籠

大伴金村が古代大和朝廷のキングメーカーとして、大いなる手腕を振るったのが継体天皇の擁立であった。その際、金村の指示を受けて奔走したのが河内馬飼首荒籠(かわちうまかいのおびとあらこ)で、日本書紀にもその活躍が記されている。荒籠は、6世紀初頭に楠葉地方(現在の四条畷市)に住む馬飼を生業とする部族の首長であった。

日本の馬の生産は、古墳時代、渡来人が朝鮮半島から連れてきた馬を当地で飼育し、繁殖させたのが始まりである。四條畷市は多くの河川が流入する古代河内湖の東岸に位置し、湖岸や川べりの草が馬の飼料となり、さらに海水を含んだ水からは飼育に欠かせない塩分も摂取できるなど、馬の飼育には最適な環境だった。同市にある古墳時代の遺跡からは、多数の馬の骨が発掘されている。国産馬といえば木曽馬や宮崎県都井岬の御崎馬などが思い浮かぶが、はるか古代、ここ河内が馬の繁殖・飼育地だったことになる。

荒籠は「馬飼の里」と呼ばれたこの地で馬を繁殖させ、育てた馬を越前や近畿各地の有力豪族に軍馬として提供した。そうして大伴金村や男大迹王とも強い関係を築き、同時に時の権力者のさまざまな情報を入手することができた。そのため一種の諜報機関的な役割も果たしていたといわれ、継体王朝の成立にも尽力することになったのである。男大迹王も信頼する荒籠の仲立ちであればこそと決断し、荒籠の本拠地に近い樟葉宮に即位したと日本書紀には記されている。それを考えれば、河内馬飼首荒籠という人物を天皇擁立にも利用した大伴金村の慧眼はさすがといえよう。

四條畷市立歴史民俗資料館には、この地がかつて馬飼の里であったことを証明するように、市内の遺跡から発掘された馬の頭部の骨が展示されている。これらは馬飼の里での祭祀の際に神への供物として切り落とされた馬の首か、もしくは病気の馬を生け贄にしたものだといわれている。馬の土偶も展示されているが、これは馬の形をした土偶が祭祀の際に使われていたとされる。

古墳時代に国産化を果たした馬は、以後、軍馬や人荷の輸送手段として、戦国時代はもとより太平戦争終了まで重要な役割を担ってきた。酷使されながらもこれほど人間に忠実に貢献してきた家畜はないであろう。馬といえば背が高く痩身のサラブレッドをイメージするが、資料館に展示されている馬や仔馬の埴輪は、背が低く、ずんぐりとした胴体が印象的である。それを見ると、古代の血筋を引き継ぐ日本在来種にもっと温かい眼差しを注いでやりたい気持ちにもなってくるから不思議である。

2015年12月

(長谷川俊彦)



≪参考文献≫
 ・大阪市史編纂所『大阪市史』
 ・大阪府史編集専門委員会『大阪府史』
 ・水谷千秋『謎の大王 継体天皇』
 ・四條畷市『歴史とみどりのまち ふるさと四條畷』



≪施設情報≫
○ 帝塚山古墳
   大阪府大阪市住吉区帝塚山西2-8
   アクセス:南海高野線帝塚山駅から徒歩3分

○ 金村神社
   奈良県葛城市新庄町大屋213
   アクセス:近鉄御所線新庄駅から徒歩25分

○ 今城塚古墳公園
   大阪府高槻市郡家新町48-8
   電:072-682-0820
   アクセス:JR京都線摂津富田駅からバス 今城塚古墳前下車

○ 四條畷市立歴史民俗資料館
   大阪府四條畷市塚脇町3-7
   電:072-878-4558
   アクセス:JR学研都市線四條畷駅から徒歩10分

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association