JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
こんなに知らなかった!なにわ大坂をつくった100人
なにわ大坂100人イメージベース画像
なにわ大坂100人イメージ画像
書籍広告画像
アマゾンリンク画像

第39話 道鏡どうきょう(700?-772年)

奈良仏教の風雲児・道鏡

道鏡はいつ生まれ、両親は誰かなど、前半生はほとんど分からない。確かなのは『続日本紀』に「俗姓は弓削連(ゆげのむらじ)。河内の人なり」とあり、生地が現在の八尾市付近ということだけだ。道鏡が平城京に上ったのは聖武天皇(701-756)のころだ。鎮護国家により東大寺で盧舎那仏の造立が始まろうとしていた。東大寺の写経所には唐から帰国した玄昉(?-746)が持ち帰った5000余巻の経典がそろうなど仏教の最新情報があふれていた。

道鏡は仏門に入り、東大寺初代別当の良弁(689-773)や玄昉の師でもある義淵(?-728)に学んだ。また、義淵に倣って葛城山などで、如意輪法・求聞持法など密教的な修法の習得に励んだ。道鏡は梵語(サンスクリット)を理解し、呪術的な文献や経典、教学に通じ、病気を治したり、干害や洪水などの天変地異に対応する能力を身につけるようになったという。

天平宝字5年(761)のこと、孝謙上皇(718-770)と運命的な出会いをする。孝謙はこの年、淳仁天皇(733-765)と行幸した保良宮(大津市が有力)で、体調を崩した。看病禅師として学識、呪験力で知られるようになった道鏡が呼ばれ、治療にあたった。元気になった孝謙が道鏡を寵幸するようになったため、孝謙と二人の関係を咎める淳仁が対立するようになる。

天平宝字6年(762)5月、孝謙は平城京に戻って出家した。淳仁天皇が藤原仲麻呂(706-764)の言いなりになっているとして「小事は今の帝が行い給へ。国家の大事賞罰二つの柄は朕行はむ」と宣命を発し、表舞台への復権を宣言する。天平宝字7年(763)9月には道鏡を内裏の仏事を取り仕切る少僧都に引き上げ、仲麻呂によって長年中央政界から追放されていた吉備真備を造東大寺司長官に任命、政治の中心となっていた仲麻呂から実権奪取をはかった。

こうした事態に仲麻呂は天平宝字8年(764)9月、孝謙排斥のクーデターを起こした。孝謙側は機先を制して淳仁天皇を捕らえ、逃げた仲麻呂を近江まで追討して誅殺した。反乱を鎮圧すると、孝謙は道鏡を「大臣禅師」に引き立て、淳仁天皇を廃し、自身は称徳天皇として重祚した。天平神護2年(766)10月には道鏡を「法王」に任命し、仏教を第一として日本の神々は仏教を守護する神とする神仏習合政治を進めた。

神護景雲3年(769)、称徳と道鏡の「共治体制」が頂点に達したころ、宇佐八幡神託事件が起きる。宇佐八幡から「道鏡をして皇位に即(つ)かしめば天下太平ならむ」という神託が朝廷に伝わる。称徳は宇佐八幡宮に確認のために和気清麻呂を派遣した。ところが、清麻呂は「天の日嗣は必ず皇緒に続く」との託宣を持ち帰った。道鏡は激怒し、清麻呂を大隅国に配流したというものだ。この事件から10カ月余、称徳は宝亀元年(770)8月4日、53歳で亡くなった。称徳の後任に光仁天皇が決まると、道鏡は下野薬師寺別当に左遷され、1年8カ月後の宝亀3年(772)4月、下野国で没した。


怪僧、妖僧、悪僧・・・どこまで本当?

道鏡は戦前、平将門、足利尊氏とともに日本三悪人に数えられた。道鏡と称徳は平安朝からスキャンダルの的となった。道鏡の巨根説、称徳の広陰説、「道鏡は座るとひざが三つでき」という川柳まで残る。明治以降は小学校用教科書に和気清麻呂と頻繁に登場するようになり、「国体護持」「万世一系」の皇国史観から道鏡は天皇の座を狙った悪僧、清麻呂はそれを阻止した忠臣の代表となった。

宇佐八幡神託事件は、道鏡主体説、称徳主体説、道鏡・称徳共謀に整理できる。戦後、古代史家・北山茂夫は「女帝こそが一介の名もない看病禅師をひきたてて、ついには、法王の地位をあたえた」「スキャンダル視したのは、古代の宮廷人であり、また多くは、後世の儒教的な立場に立つ御用学者たちであった」(『女帝と道鏡』)と称徳主体説を唱えた。

これに対し、関西学院大学の中西康裕教授(古代日本史)は『続日本紀』に出てくる宣命と地の文の詳細な検証を進め、「称徳には道鏡を皇位に就けようという意思は毛頭なかった」(『続日本紀と奈良朝の政変』)とし、道鏡事件は『続日本紀』の編者の創出とする。皇統は天武(?-686)から8代7人、天武系が続いたが、称徳亡き後、天智天皇(626-671)の孫の光仁(709-782)、その子の桓武(737-806)と天智系に変わった。『続日本紀』は桓武治世下で編纂されており、道鏡事件を「『前王朝』の失態」として描いたと問題提起している。

さらに東京女子大学の勝浦令子教授(古代日本史)は評伝『孝謙・称徳天皇』で、称徳を革新的な女性天皇として描いた。称徳はただ一人の女性皇太子。従来言われるような「中継ぎ」ではなかったとする。一部で奴婢を解放したり、位階、勲等は男女比6対4の比率で授与し、いまの知事にあたる国造にも女性を任命するなど画期的な施策を進めた。「『天』が授ける者であれば皇統以外でも可能とする」「歴史上でも類いまれな、万世一系を否定する王権像」を持っていたという。そして道鏡事件は後世の為政者が「女性天皇をスキャンダルまみれに伝える」のが狙いで、「男女の関係におぼれた愚かな悪女という図式」を描いて女性天皇の出現阻止に使われたと書いている。

いずれにしても道鏡が皇位簒奪(さんだつ)を本当にはかったとすれば、称徳没後の道鏡への処分は奈良時代のほかの事件と比べて余りにも軽すぎるといえそうだ。


東大寺の大仏造立のきっかけ、河内の智識寺

柏原市太平寺地区に樹齢800年といわれるクスの大木に覆われた「石(いし)神社」がある。境内に智識寺の刹柱礎石が残っている。智識寺の創建は7世紀中ごろから後半と見られ、伽藍配置は東西2つの塔を持つ薬師寺式、塔と塔の間は約50mもあった。礎石の柱穴は直径122cmもあり、京都・東寺の五重塔並みの約50mの塔が立ち、本殿には18mほどの金銅か塑像の大仏が安置されていたという。

聖武天皇は天平12年(740)に難波宮に行幸した際、智識寺の盧舎那仏を見て、東大寺の大仏建立を思い立ったといわれる。孝謙天皇も即位直後の天平勝宝元年(749)に柏原に滞在して智識寺に行幸するなど数度にわたり行幸や寄進をしている。

生駒山地南麓の斜面には智識寺のほか、三宅寺、大里寺、山下寺、家原寺、鳥坂寺の六大寺が甍(いらか)を連ね、奈良への入り口として繁栄していた。道鏡が生まれ育った弓削と智識寺は3.5㎞ほど、歩いても1時間もかからない。道鏡は東の山麓に輝く仏教寺院を仰ぎ見ながら育った。


八尾で幻の宮「西京」の瓦出土

約1250年前の古代宮廷で華やかな歌垣(いまでいうパーティー)が催された西京「由義宮」が道鏡の故郷、河内国弓削(八尾市)にあった。しかし『続日本紀』にしか出てこないため、長年「幻の宮」とされ、その存在さえ疑う学者もいた。

ところが、平成28年(2016)9月15日、八尾市文化財調査研究会が東弓削遺跡から平城京の興福寺と同じ文様の屋根瓦が出土したと発表した。奈良時代後半の瓦片約3万点が見つかっており、同研究会では「ここに由義寺(弓削寺)があった可能性が高い。由義宮の遺構発見も期待できる」と話す。

『続日本紀』では、称徳天皇は神護景雲3年(769)10月30日に4年前から造営を進めてきた由義宮を西京とする詔を発した。翌年の2月27日からは由義宮に1カ月余も滞在し、曲水の宴など華やかな宮廷行事が催され、3月28日に雅な歌垣が催された。

河内に本拠を持つ帰化人系の雄族6氏から男女230人が選ばれ、青摺(あおずり)の細布衣(たえのころも)を着て紅の長紐を垂れ、男女が互いに並んで列になって徐々に進んで歌う。

「少女(おとめ)らに 男立ち添ひ 踏み乎(な)らす 西の都は 万世(よろずよ)の宮」

「淵(ふち)も瀬も 清く莢(さや)けし 博多川 千歳を待ちて 澄める川かも」

称徳と道鏡は大官や僧侶が後ろに控える特別席で一緒に歌垣を楽しんだ。女帝は五位以上の官人、内舎人(うどねり)、女孺(めのわらわ)にも歌垣の列に入るように命じ、歓楽は頂点に達した。4月6日に二人は平城宮に戻ったが、称徳が体調を崩し、8月4日に崩御し、西京の造営は中止になった。


30年、八尾と栃木で道鏡復権に奮闘

八尾では、地元のエッセイスト・故山野としえさんが昭和50年(1975)に郷土誌『河内どんこう』で道鏡を取り上げ、道鏡への関心が広がった。山野さんは昭和56年(1981)4月から10回にわたり道鏡を主人公にした小説、『真実不虚(しんじつふこ)』を発表し、山野さんを中心に「道鏡を知る会」(幾島一恵会長)が生まれた。

昭和61年(1986)4月に八尾市内で「道鏡展」を開催、平成5年(1993)9月には東京で「道鏡を守る会」と合同で「弓削道鏡資料展」を開いた。道鏡ゆかりの地を訪ね歩くなど例会は100回を超えている。平成28年(2016)3月には、称徳と道鏡が造営した奈良・西大寺で、道鏡の位牌をつくり、「1245年遠忌御位牌開眼永代法要」を開いた。幾島さんは「位牌を作った年に幻と言われた由義宮の遺物が出てきた。ほんとうにうれしい」と話す。

一方、「道鏡を守る会」(日野原正会長)は「道鏡塚」(直径約38m)がある栃木県下野市の龍興寺を中心に昭和60年(1985)から会報を発行するなど活動を展開し、道鏡の命日の4月7日には毎年「道鏡禅師供養祭」を開いている。会員は栃木県だけでなく宮城県など全国に約80人。発起人の本田義幾さんは「道鏡が本当に悪人かどうか、全国の弓削を回った。調べれば調べるほど貶められてきたことが分かる」と話している。


2016年10月

(宇澤俊記)



≪参考文献≫
 ・北山茂夫『女帝と道鏡-天平末葉の政治と文化』(講談社学術文庫 2008.5)
 ・横田健一『日本歴史学会人物叢書 道鏡』(吉川弘文館 1988.12)
 ・勝浦令子『孝謙・称徳天皇-出家しても政を行ふに豈障らず』(ミネルヴァ書房 2014.10)
 ・中西康裕『続日本紀と奈良朝の政変』(吉川弘文館 2002.7)
 ・滝浪貞子『道鏡-成しえなかった仏教第一主義の思想』
           (歴史読本編集部編「敗者で読み解く古代史の謎」 2014.12)
 ・根本誠二『天平期の僧侶と天皇-僧道鏡試論』(岩田書院 2003.10)
 ・坂上康俊『平城京の時代』(岩波新書 2011.5)
 ・柏原市立歴史資料館編「河内六寺の輝き」(柏原市立歴史資料館 2007.7)
 ・河内どんこう26号「特集 弓削道鏡の人物像をさぐる」(やお文化協会 1988.5)



≪施設情報≫
○ 弓削神社(弓削)
   八尾市弓削町1丁目36
   アクセス:JR「志紀」駅から西へ徒歩約4分
        ※八尾市教育委員会の「弓削道鏡説明石版」が境内にある。

○ 弓削神社(東弓削)
   八尾市東弓削1丁目166
   アクセス:JR「志紀」駅から北東へ徒歩約5分

○ 由義神社
   八尾市八尾木北5丁目174
   アクセス:近鉄「高安」駅から徒歩約20分、近鉄バス「八尾木」から徒歩約5分
        ※「由義宮旧址」の碑が境内にある。

○ 東弓削遺跡・弓削寺跡
   八尾市東弓削3丁目
   アクセス:JR「志紀」駅から東へ10分
        ※「由義寺(弓削寺)」とみられる古代寺院の瓦が出土し、遺構など発掘調査中。

○ 石(いわ)神社
   柏原市太平寺2丁目19-13
   アクセス:近鉄「安堂」駅から東へ約7分
        ※大阪府指定天然記念物「クス」(高さ約26m、幹の周り約6.5m、樹齢約800年)
        ※大阪府指定文化財「知識寺東塔刹柱礎石」
         (近くの民家から出土。花崗岩製で柱穴は直径122㎝、
          礎石から塔の高さは48.8mの五重塔と推定される)

○ 智識寺址
   柏原市太平寺2丁目9
   アクセス:近鉄「安堂」駅から北東約8分 カタシモワインフード前

○ 称徳天皇陵(高野陵)
   奈良市山陵町御陵前
   アクセス:近鉄「大和西大寺」駅から北東約10分

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association