JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問い合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
こんなに知らなかった!なにわ大坂をつくった100人

第17話 緒方洪庵おがたこうあん(1810-1863年)

日本の近代医学の祖

鎖国から開国へと激動する幕末、緒方洪庵はいち早く新しい時代の方向性を見抜き、才能と意欲のある若者たちを育て、近代日本の形成に大いなる功績を遺した。天保9年(1838)に開設し、大阪大学医学部の淵源で現在同大学が管理する「適塾」は、洪庵の号「適々斎」に由来する。

緒方洪庵は、鎖国の世に備中国足守(現岡山市)藩士・佐伯惟因(これより)の三男に生まれ、16歳で元服、自立のため医師を志す。漢方医全盛の時代にあって、コレラの大流行になすすべのない漢方に限界を感じ、17歳で父の任地大阪で蘭方医・中天遊の思々斎塾(蘭学塾)に入門。22歳のとき、天遊の勧めで江戸の蘭方医・坪井信道の門下に入る。信道は洪庵の才能を評価し塾頭に抜擢、自らの師で江戸蘭学界の大御所・宇田川榛斎に紹介した。洪庵は榛斎に2年間医学・薬学を学び、師の死に当たり学問上の後事を託され、26歳で一旦帰阪する。

天保7年(1836)に長崎へ留学、同9年(1838)に29歳で大阪瓦町に蘭学塾「適塾」を開く。同年7月、億川百記の長女で17歳の八重と結婚。百記は中天遊と親交があり、長崎への留学費を含め、生涯、洪庵のパトロンであり続けた。

蘭方医としての洪庵は、医学書『病学通論』『扶氏経験遺訓』『虎狼痢治順』の代表3編を出版し、『扶氏医戒之略』により医療倫理を示した。嘉永2年(1849)には大和屋喜兵衛の出資で古手町に「除痘館」を設立し、民間による無償の社会奉仕として種痘を始め、18年後には官営となった。安政5年(1858)、2度目のコレラ流行で大阪では1か月に1万人が死亡する事態となり、洪庵は7日間不眠不休でコレラの治療法をまとめ、『虎狼痢治順』を緊急出版した。文久2年(1862)、幕府の奥医師に就任し、西洋医学所(後の東京大学医学部)頭取を兼務するが、翌年吐血し急死、享年54であった。

教育者としての洪庵は、学問の前に人は平等であるとし、塾生を成績だけで序列化する完全な実力主義を貫いた。近代軍隊の創設を目指した大村益次郎、日本赤十字社の創設者・佐野常民、統計学の杉享二、志士・橋本佐内、外交官・大鳥圭介、初代衛生局長・長与専斎、同愛社の高松凌雲、福澤諭吉ら、千余名を世に出した。

市井人としての洪庵は、漢学や古典にも造詣が深く、和歌を善くした。性格は温厚で敵をつくらず、八重との間に7男6女の13人の子を持った。うち4人は夭折するが、第3子の惟準(これよし)をオランダ、第4子の惟孝(これたか)をロシア、第10子の惟直(これなお)をフランスへ留学させている。惟準は、後の東大医学部となる西洋医学所の教授や阪大医学部の先駆となる大阪仮病院(かりびょういん)院長を務めた。


洪庵の家族

妻・八重は文政5年(1822)、摂津国名塩の医師・製薬業の億川百記の長女として生まれる。和歌を詠み、製薬方から看護術まで身に着けた類いまれな才女で、洪庵との間に13人の子を持った。適塾に常時60名近く合宿していた書生の世話を完璧にこなし、塾頭福沢諭吉からは慈母のように慕われた。実家・億川家は、幼少の頃の子どもたちを順に預かって養育し、八重を助けた。晩年は適塾に隣接する元の除痘館の建物を隠居所とし、穏やかな余生を送った。

また、洪庵と同郷で坪井信道の同門に緒方郁蔵(旧姓大戸)がいる。洪庵は郁蔵の人格・学識を高く評価し、義兄弟の盟を結び緒方姓を名乗らせた。語学力では洪庵を凌いだと言われ『扶氏経験遺訓』の翻訳の大半を行った。後に『独笑軒塾』を開いて適塾の南塾と呼ばれた。八重は服装などに無頓着な郁蔵を好まなかったという。

第3子・惟準は、明治元年(1868)にオランダ留学から帰国後、軍医となった。大阪鎮台病院長、軍医医学校校長、軍医本部次長、近衛師団軍医長を歴任するが、脚気の治療で森林太郎ら上層部と対立。明治20年(1887)に一切の公職を辞して帰阪し、今橋4丁目に緒方病院を開設した。


天然痘との戦い

江戸時代の将軍15人中6人、天皇14人中5人が天然痘に罹患した。洪庵自身も文化14年(1817)に感染したが、軽くて済んだ。当時は、毎年人口の1%以上が天然痘で失われたといわれている。

イギリスのジェンナーが18世紀末に開発した牛痘種痘法が、嘉永2年(1849)にようやくバタビア経由で輸入され、同年11月、除痘館設立の「伝苗式」が神前で行われた。江戸お玉が池種痘所(東大医学部の淵源)が開設されたのは大阪に遅れること9年の安政5年(1858)である。現在、尼崎町除痘館跡の緒方ビル4階に除痘館記念資料室(緒方洪庵記念財団)が開設され、一般に公開されている。


洪庵ゆかりの地

洪庵は17歳で、中天游が開いた蘭学塾「思々斎塾」に入門した。天游は大阪における洋学の祖・橋本宗吉の絲漢堂に学び、現在も大阪市西区京町堀付近に中天游屋敷跡の碑が残る。億川百記も天游の弟子で、天游に娘の婿探しを求めた。

天保9年(1838)、瓦町に開設した適塾はほどなく手狭となり、弘化2年(1845)に過書町(現・大阪市中央区北浜3丁目)の町屋に移転した。洪庵が幕府の奥医師として江戸へ出府後は、明治初年の閉鎖まで養子の緒方拙斎(8女・八千代の夫)が塾生の教育に当たった。

時代は下り、現在、大阪大学総合学術博物館(待兼山修学館)内には、懐徳堂と並んで適塾の展示コーナーが設けられている。平成26年(2014)、同博物館において、適塾創設175年・洪庵没後150年を記念し、「緒方洪庵・適塾と近世大坂の学知」をテーマに展覧会が開催された。また、平成23年(2011)には大阪大学会館内に適塾記念センターが発足、「適塾運営センター」、「大阪学研究部門」、「オランダ学研究部門」が設置された。


洪庵の流れをくむ医療・学術機関

明治2年(1869)に、息子・惟準を院長として設立された大阪仮病院と、オランダ人医師ボードウィンを迎えて惟準はじめ適塾門人らを中心として設立された大阪医学校は、曲折を経て大阪帝国大学(現大阪大学)医学部へ発展する。

惟準が開設した病院が手狭になったため、明治26年(1893)、緒方拙斎(娘八千代の婿)、収二郎(六男)らの協力を得て、立売堀に緒方病院を建設、昭和4年(1929)まで継続する。敷地660余坪、本館3棟・別館2棟、BFおよび地上3Fで屋上庭園もあり、当時最新の機器を備え、診療9科目を擁する総合病院であった。現在その跡地に日生病院がある。

緒方婦人科病院(中央区今橋3丁目)は、明治35年(1902)に拙斎の娘・千恵の夫正清(養子)が除痘館跡地に開設、一時は緒方病院と併存し名声を得た。同病院跡に建設された緒方ビルクリニックセンター(緒方洪庵記念財団所有・経営)は、3Fに「くりにっくおがた産婦人科」、4Fに「除痘館記念資料室」(同記念財団運営)があるほか、薬局と9つの専門クリニックが入居している。

大阪市立弘済院附属病院の前身である大阪慈恵病院は、医学界の先覚者、緒方惟準、緒方拙斉、高橋正純、高橋正直、山田俊郷らが、経済的理由で医者にかかれない人たちのための施設が大阪市内にないのを憂い、明治21年(1888)2月に設立した。


エピソード

緒方洪庵の系譜を見ると、現在の緒方一族の隆盛は女系によることがわかる。洪庵の4女・八千代の婿・緒方拙斎は、洪庵が出府後に適塾を引き継ぎ、初代緒方病院院主となったのは先述の通りである。拙斎の娘・千恵の婿である緒方正清は、緒方婦人科病院を創立した。また、緒方祐将(すけまさ)は正清と千恵の養子であり、さらに祐将の二女・正世の長男・緒方高夫は、現緒方洪庵記念財団理事長である。また、洪庵の曾孫で、東大医学部教授・血清学の緒方富雄氏の長兄、緒方準一氏は、奈良県立医科大学第3代学長を務めた。ホトトギス派俳人でもあり、奈良ロータリークラブ会長、橿原ロータリークラブ設立顧問などを歴任した。私事ながら、筆者は準一、富雄両先生に面識があり、両先生とも大阪府立天王寺高校(旧制天王寺中学)の卒業で筆者の先輩にあたる。



2016年4月

(江並一嘉)



≪参考文献≫
 ・中田雅博『緒方洪庵』(思文閣出版・2009年)
 ・芝 哲夫『適塾の謎』(大阪大学出版会・2005年)
 ・『適塾アーカイブ』(適塾記念会 大阪大学出版会・2002年)
 ・『大阪の除痘館』(緒方洪庵記念財団 除痘館記念資料室・1983年)
 ・福沢諭吉『福翁自伝』(岩波書店・1991年)
 ・手塚治虫『陽だまりの樹』全6巻(小学館・2008年)
 ・中山 沃『緒方家の人びととその周辺 緒方惟準伝』(思文閣出版・2012年)



≪施設情報≫
○ 除痘館記念資料室
   大阪市中央区今橋3-2-17 緒方ビル4F
   電:06-6231-3257
   アクセス:地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅8番出口より東へ約100m
       京阪電鉄「淀屋橋」駅 17号階段奥の非常口より適塾横を抜ける

○ 適塾
   大阪市中央区北浜3丁目3番8号
   電:06-6231-1970
   アクセス:地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅、堺筋線「北浜」駅下車徒歩5分
       京阪電鉄「淀屋橋」駅、「北浜」駅下車徒歩5分

○ 中天游屋敷跡の碑
   大阪市西区江戸堀2丁目・花乃井公園(旧 江戸堀中公園)の中

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association