JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
こんなに知らなかった!なにわ大坂をつくった100人

第51話 津田宗及つだそうきゅう(生年不詳–1591年)

政争に巻き込まれた堺の豪商

 

千利休や今井宗久と共に、茶の湯の天下三宗匠と称えられた堺の豪商・津田宗及。天王寺屋の三代目として生まれ、幼名は助五郎。生年月日は不明である。

天王寺屋は屋号の名前から、大坂天王寺から初代の津田宗伯の時代に堺に移り住んだと思われる。琉球や九州との交易で財を成し、堺の会合衆の代表的な存在であった。また、応仁の乱で被災した京都紫野の大徳寺に対し、多額の財政的援助を行ったとの記録が大徳寺所蔵文書に残っている。その三代目として家業を継いだ宗及は、同年代の今井宗久や千利休に比べ恵まれた環境の中で育った。大徳寺派南宗寺の禅僧・大林宗套に参禅し、茶禅一味(ちゃぜんいちみ)を学び「天信」の号を与えられる。阿波から進出してきた三好氏との関係も深く、度々阿波を訪問するほどであった。

天王寺屋は代々石山本願寺の門徒で御用商人でもあり、石山本願寺の坊官下間氏との茶会の記録も数多く残されている。永禄11年(1568)、上洛した信長は堺に対して2万貫の矢銭を要求。即決で応じる姿勢の新興の武器商人今井宗久に対し、堺の会合衆のリーダーでもあった宗及は三好勢に付くか、信長に付くか迷いに迷ったようすが茶会記に残る。堺の商人たちの茶会は単なる享楽のためのものではなく、茶会の背景には政治的、外交的な意味も読み取ることができる。結局、信長に屈した堺の商人たちは、封建領主からの独立を放棄することになる。宗及、宗久、利休の3人は信長の茶頭に取り立てられ政商として勝ち組に、旧勢力の能登屋などは負け組として消えていった。

武野紹鷗によって大成された侘び茶は、堺の商人たちの経済的繁栄とともに隆盛を極めていくが、商人たちは巨額な金銭を投じ唐物などの名品を手に入れることに奔走した。潤沢な財力を持つ宗及も唐物の茶器を150点ほど所蔵し、茶の湯のほか和歌、連歌、華道、香道も嗜む数寄者で、刀剣の鑑定にも長けていたといわれている。天正2年(1574)2月、宗及は信長の岐阜城に一人招かれ、秘蔵の紹鷗茄子(茶入)や松島茶壺などの名品を拝見し、三の膳まで御馳走になった。信長がいかに堺の豪商たちの財政支援を期待していたかを示す逸話である。

本能寺の変が起きた日、宗及は家康と堺で茶会を開いていたといわれている。信長の没後、秀吉の時代にも茶頭として九州征伐に同行するが、茶頭の主役は利休に代わっていく。宗及は北野大茶会を最後に秀吉の茶頭としての地位を解かれた。天正19年(1591)4月20日、宗及は堺の屋敷で亡くなった。墓は堺市の南宗寺(なんしゅうじ)にある。


フィールドノート

消えた天王寺屋一族


天王寺屋は大小路(おおしょうじ)の材木町に屋敷を構えていたと記録に残る。旧紀州街道を通る阪堺電車の大小路駅と交差する東西の道が大小路(旧竹内街道)だ。北側が摂津国、南側が和泉国境の道。大小路駅から東に5分ほど歩くと、北側の熊野町東のバス停横に宗及が父宗達の菩提のため建立した大道庵の跡があり、小さな石碑が建っている。大道庵は宗達の号「大道」を取って寺院の名としたもので、京の大徳寺の名僧・春屋宗園(しゅんおくそうえん)を開祖として迎え開いた大徳寺派の寺院であった。

堺の有力な町人や会合衆の集まりは、しばしば天王寺屋の屋敷で行われたと記録に残る。永禄12年(1569)には信長の家臣・柴田勝家と佐久間信盛など100人余りが終日宴を張ったと伝えられるから大きな屋敷と思われる。「日本全国、堺の町より安全な所なく、他の諸国に動乱あるも、この町にはなし。堺の町は甚だ広大にして大なる商人多数あり、この町はヴェニス市の如く執政官に依りて治められる」と宣教師ガスパル・ピレラは『耶蘇会士日本通信』で堺のようすを本国に書き送っている。宗及のあとを継いだ長男宗凡も茶人として活躍し、秀吉の御伽衆となった記録が残っている。慶長17年(1612)に亡くなった宗凡には跡取りがなく、天王寺屋本家は断絶した。


天王寺屋茶会記に見る戦国武将との関係

400年前、津田宗及の次男で大徳寺の高僧・江月宗玩(後の大徳寺156世)に渡った茶会記は昭和64年(平成元年・1989)、『天王寺屋会記』として出版され甦った。これは松浦家に所蔵されていたものを影印本(現本を写真撮影して製本したもの)と解説本を加え全7巻とした全集。高価な本であるが図書館で閲覧することはできる。天王寺屋の宗達から宗及、宗凡と3代にわたりって書き継がれた茶会の日記である。茶会の日時、場所、席主、客名から使用した茶器や料理、茶会の雰囲気に至るまで丁寧に書かれている。茶会の記録としてばかりでなく信長から秀吉の時代の歴史的事実を探るうえでも貴重な資料となっている。天王寺屋の二代目宗及や堺の商人が、信長上洛直前の永禄11年(1568)から時代に巻き込まれていく部分を抜粋してみよう。
(註:自会記…自邸での茶会記、他会記…他所での茶会記)

●永禄11年(1568)、三好政康、松永久秀など三好勢150人余りが宗及の茶会に出席(宗及『自会記』)。

●永禄12年(1569)、宗及、信長の家臣100人余りを歓待(宗及『自会記』)。

●元亀元年(1570)、石山合戦が始まったばかりの頃、宗及は本願寺の坊官下間頼宗の茶会に出席(宗及『他会記』)。

●同年12月には三好政康などが宗及の茶会に出席(宗及『自会記』)。

元亀元年(1570)から天正元年(1573)の3年ほどの間、津田宗及は本願寺の坊官下間頼宗や三好政康と度々茶会を開き、信長対策を話し合ったと推測される。また、堺の会合衆の代表ともいえる立場の宗及は、信長と本願寺、三好勢との間で揺れ動いていたことが茶会記の記録からも見て取れる。

●天正元年(1573)11月23日、妙覚寺の信長の茶会、宗及、塩屋宗悦、松江隆仙の3人の商人が招かれ、信長から手厚いもてなしを受ける(宗及『他会記』)。

●天正2年(1574)2月3日、信長岐阜城茶会に宗及一人出席、大歓待を受ける(宗及『他会記』)。

●天正2年(1574)4月3日、信長の相國寺茶会、梅雪の手前のあと正倉院から切り取った蘭奢待(らんじゃたい)を扇子にのせて楽しみ、宗及と宗易に分け与えた。これについて宗及は自慢げに書き遺している(宗及『他会記』)。

天正12年(1584)8月15日、本能寺の変のあと宗及と堺の商人たちは信長の喪に服し、連歌と茶会を開いた。宗及は明智光秀の坂本城での茶会に度々招かれるなど相通ずるものがあり、複雑な想いであったと思われる。この席で宗及は「われなりと まんずる月の こよいかな」と上の句を詠んでいる。光秀の死に対しての宗及の心境、そして、信長の後継者と自負している秀吉に対する複雑な思いが見て取れる。この発句に対してどのような連句が続いたか・・。宗及はそれでも内心を押し隠して秀吉に接近していった。打算で動く商人たちの茶室での葛藤と静かな戦いが繰り広げられた模様が目に浮かぶ。


日本で一番見ることが難しい国宝

日本で最も見ることが難しいといわれている国宝「耀変天目茶碗」は津田宗及所蔵の名品で、今は京都紫野の大徳寺の塔頭・龍光院の奥に秘蔵されている。「耀変天目茶碗」は世界に3点が現存し、いずれも日本にあり国宝に指定されている。他の2点は東京静嘉堂文庫美術館と大阪の藤田美術館に所蔵されている。2点とも徳川家に伝わったもので徳川家に伝わる以前の経緯は謎に包まれている。いずれも堺の豪商から権力者を経由して伝えられたと思われるが不明である。大阪の藤田美術館所蔵の「耀変天目茶碗」は毎年春の特別展で3か月間公開される。何とも表現しようにも言葉がない美しさである。信長が持っていたものは本能寺で炎に消えたと伝えられる。また、龍光院の「耀変天目茶碗」が外に出たのは平成2年(1990)と平成12年(2000)の東京国立博物館における特別展の2度だけだ。

現在、龍光院は拝観謝絶の塔頭で同じ国宝に指定されている書院と茶室「密庵」と共に閉ざされたままである。この龍光院は初代福岡藩主黒田長政が、父・黒田如水(官兵衛)の菩提を弔うため建立した塔頭で、開祖は津田宗及の次男で大徳寺の高僧・江月宗玩である。天王寺屋の膨大な茶器の名品や三代にわたる茶会記は宗及の長男宗凡に引き継がれ、慶長17年(1612)に宗凡が亡くなると、遺品は龍光院の江月宗玩の元に送られ400年の眠りについた。

「耀変天目茶碗」は陶器史上最も美しい茶碗といわれ、800年ほど前、中国南部の福建省の建窯で焼かれたものだ。形や大きさが同じことから同一人物の作ではないかといわれている。中国にも現存せず、平成23年(2011)、淅江省抗州市で破片が出土し話題となった謎の陶器である。日本には鎌倉時代に交易品として伝えられ、足利将軍が「この世にこれほど美しい物はない」と、最高の評価を与えたと伝えられている。

「耀変」は陶器を焼くとき窯の中で予期しない色に変わるので窯変と呼ばれていた。下地の大小の瑠璃色または虹色の光の班紋が現れることから、星が輝くという意味の「耀」という文字が用いられるようになった。古美術の関係者は、「世界の美術品の中で最も価値が高く、オークションに出ることがあれば印象派のルノアールやセザンヌなどの絵画を上まわる値段が付くのでは」という。



2017年6月

(橋山英二)



≪参考文献≫
 ・中村修也『戦国茶の湯倶楽部』大修館書店
 ・永島福太郎編『天王寺屋会記』影印本 淡交社



≪施設情報≫
○ 南宗寺
   堺市堺区南旅篭町東3-1-8
   アクセス:阪堺電車「御陵前駅」徒歩約5分
   電  話:072-232-1654

○ 大道庵跡
   堺市堺区熊野町東5
   アクセス:阪堺電車「大小路駅」徒歩約7分

○ 大徳寺龍光院
   京都市北区紫野大徳寺町53
   アクセス:京都市バス「大徳寺前」徒歩約5分
   電  話:075-491-0019

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association